今日で8月も終わりですネ…。

こころの奥底でc0185858_11545661.jpg
待っているのは
ダレ?

伝えたくて
閉じ込められなくて
あふれ出てくるものは
ナニ?

全てが 形になる訳じゃない
一つずつ紐解きながら
幻想を 現実世界に呼び起こす

世界中の人に届かなくてもいい
あなたのこころに届けられたら
きっと 何かが変わり始める。




  今日は、うす曇。なので、かなり過ごしやすくなっているわが街です。
昨日の選挙、凄かったですネ。何がって、投票に行った方が凄い人数だったようですね。
いつも朝、仕事前に選挙に行く母も「いつもは数人しかいなくて、誰もいなかったら投票しづらいなぁ思うんやけど、今日は会場に入れないくらい並んでたよ!!」と驚いていました。
 あんまり政治に詳しくありませんが、本音を言うと…どこのどの政党やどの人になってもいいから、もう少し関心を持てるような政治で、もっと私なんかも住み易い日本になったらいいなぁ…という思いです。
はてさてどうなるのやら…。
 8月最後にして夏休み最後の今日ですが、なんだかスッキリしない天気と気分の私ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?


   学生の頃、特に大嫌いな教科はありませんでした。だからと言って勉強ができるわけではなく、いわゆる平均的な学力でした。
大嫌いじゃないのに何故だか理数系は点数がよろしくなく、補修の常連となっていました。
やはり、向き不向きってあるんですネ…。
大嫌いはないけれど、好きな教科はよくある話の副教科でした。
その中でも好きなのが美術。なぜならほとんどが先生の話でなく、手を動かして何かを作っていられたから。
けれど、美大や美専には進みませんでした。憧れたこともありましたが、高校三年生から専門の塾に通うには遅かったし、お金もかかるし、何より生み出し続ける苦しさをなんとなく分かっていたからかもしれません。
 
 先日、県立美術館へ行ってまいりました。c0185858_11593410.jpg
いやいや、いくら美術が好きだからって美術鑑賞という高尚な趣味があったわけじゃないんですヨ。
人生で美術館に訪れたのはこれが三回目です。
何故なのかと言うと、今年のモットーが「人生に遅いも早いも無い!!いろんな事を始めてみよう!!」
ということなので。
以前からバス停などに、美術館のポスターが貼ってあったので、近くだし行ってみようと思って行ってみました。
 夏休みももう終わりごろ、作品展も終わりごろ、ってこともあり館内はほとんど人がいませんでした。
 今回の作品展は「シュルレアリスムへの誘い」でした。
シュルレアリスムとは「超現実主義と言って、文学から美術まで、芸術活動の広い範囲にわたって想像力の解放を促し、夢・幻想・奇想・狂気など人間の深層心理や内的世界といった思考を理性による一切の統制なしに事実を書き取り、口頭、記述、その他あらゆる手段で思考の真の過程を表現する」事らしいです。
なんだか難しいですネ。つまりは、自分の心のうち、思いをいろんな手段で表現しよう、ということなんでしょうね。
有名な画家では…ミロ、マグリット、ダリがその「シュルレアリスム」だそうです。あ、ピカソは「キュビズム」と言ってまた違うようです。
なかなか、美術史も奥が深いんですネ。
で、行って見た感想は…いや…人の心ってのは…なかなか難しいですネ。
絵、それぞれに作品名がもちろん付いているのですが、そうか…この人にしたらこうなるのか…と思うことばかり。
私は専門の人じゃないし好きでもそんなに詳しくありませんから、どうのこうの語りませんが、
やはり、伝えるって難しいなぁ…と思ったのです。
全ての人に分かってもらえるわけじゃないし、感性も考えもさまざま。
素晴らしいという人もいれば、気分を害したと言う人もいるでしょう。
そのなかで、いかにして自分の表現したいものを形にして、なおかつ発表するのかがどんなに大変なことなのか作品を見ながら改めて思ったのでした。
それは、絵画だけじゃなく、音楽、文学、建築、ファッション、踊り、食品という作り出すという過程があるあらゆるものに対してそう思ったのでした。


                    ところで、あなたは…。

                       ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2009-08-31 12:05 | いろいろ便り | Comments(6)
Commented by mifuri at 2009-09-02 13:52
美術館ですか~☆
「芸術の秋」先取りって感じですね(^_-)

以前絵画コンクールで受賞した小学生が、
飾られてた自分の作品を見て
「逆さまだ!」って言ったって話しを
聞いた事があります(^^;)

芸術は奥が深い…ですよ…ね☆

Commented by nisi2005 at 2009-09-03 11:23
美術館・・・今は「田中一村美術館」がありますが、学生の頃は島に美術館ってありませんでした。だから、美術館に行くって、ちょっとスゴイなぁ・・・って、一目置いてしまいます。何だか特別なイメージです。

芸術って、よく分からないけど・・・何かを作り出すって、すごいパワーがありますよね!

mifuriさんの話(^0^)思わず笑っちゃいますね。ウチのまぁちゃんは、習字の時間、自分の書いた字を後から見せて「上手に見えるでしょ」って、先生に見せてたそうです。それも聞いた時笑ったけど、本当に表から見るより裏からのほうが上手く見えますよ(^0^;)

Commented by kawagonta_y at 2009-09-08 13:44
mifuriさん☆
「芸術の秋」先取りしてきました~!!
いやほんとに、難しいですネ…(^_^;)
題名の通りに見えなくも無いんだけど…でもこれは…何?
って思うこともしばしばでした。
で、いただいた解説集のようなものを読んで「なるほどなぁ」ってなるのでした(^_^;)
小学生のお話、面白いけど当の本人はビックリしたでしょうね!しかし、気が付いてヨカッタ、ヨカッタ(>_<)b
でも私も、今回の美術館に飾られてた絵を見て「逆やった」って言われてもわかんないかも…(-_-)
Commented by kawagonta_y at 2009-09-08 13:56
にしさん☆
行ってまいりました~!!
私もイメージ的に奈良は、博物館しかない気がしていたんです。
実際に、国立博物館だったり民族博物館、考古学博物館が有名でしたから。
兵庫県立と岡山の大原美術館へは友人たちといったことがあったのですが、奈良県立には初めて行きました。
「ってか、奈良にもあったんや」が本心なんですけどね(^_^;)
いや…ほんとに芸術っておくが深いですネ。凡人には難しすぎました…(-_-)
けれど、何かこう生み出すんだと言うパワーはすごく感じられました(^o^)/

まぁちゃんと同じこと私もよくやりました(^_^;)
私も習字習っていたのですが、なぜだか裏から見たほうが綺麗に見えるんですよね…。って言って母に見せたら
「…できればお母さんは表からも綺麗に見えてほしいなぁ…」と言われてしまったのを思い出しました(>_<)
Commented by tdiary_5296 at 2009-09-10 15:12
こんにちは!もう、秋ですね~。
まだ、残暑が残ってる感じですが
食欲の秋・芸術の秋と秋は何だかワクワクします。

美術館めぐりなどいいですね。
私も、今度 阿修羅展へ行って来ます。

中くんの空が空。聞いてますか?
Commented by kawagonta_y at 2009-09-14 17:52
tdaiaryさん☆
こんにちは!!
日中は暑いですが、それでも秋になってきましたネ…。
せっかく夏で細くなったのに、秋は美味しいものがいっぱいで誘惑に負けそうです(>_<)

普段はなかなか行かないのに、今年はなんだか気になっていろんな展覧会に行ってみたくなってます♪

実はテレビに出演されているときのしかちゃんと聞いたことがなかったのですが、ようやく昨日、フリーライブと共に手に入れて聞いてます。
昨日、久しぶりに中さんを見たのですが、なんだか見る度にやせられているような気がしてちょっと心配になってしまいました。
でも、ライブではとても元気そうでしたよ(^o^)/