なんだか今日は、肌寒いわが街です。

息を ひそめたc0185858_1344348.jpg
その微かな息仕えさえも
耳に残る程の静けさの中に

あなたと ふたり
仏様を みつめる

外の雑踏さえも寄せ付けぬ空間

何を話さなくとも
同じ物を見つめ
同じときを
同じ空間を 共有する

そのことに
幸せを感じた。



 昨日は、半そででもいいかな?と思うくらい暑かったのですが、今日は長袖に素足じゃ寒いくらい。どうやら台風もこちらに向かっているそうですね。
まだ少し稲刈りまでありそうなので、なんとか台風逸れてくれたらいいのに…。
一日単位で暑さが違うから衣替えの時期なのに、タイミングを掴めないでいる私ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

  さて、9月のシルバーウィーク中に久しぶりに京都へと行ってきました。
「京都文化博物館」で開催されていました藤城清治さんの作品展に行くために。
連休最終日までの開催だったのでそんなに混んでないかと思いきや!!
そりゃ連休中ですもん、混んでました。すごくキレイな切り絵なのですが、思いのままゆっくりとは見れませんでした。
 昼食をとった後向かったのは龍谷大学・大宮学舎c0185858_13461929.jpg
姉の母校なのですが、京都駅から近いってことで、歩いて15分。
さすが、重要文化財だけあって歴史を感じます。たぶん明治時代の物で、中へは許可が無いので入れませんでしたが、門からの撮影。



 姉は全くと言ってもいいほど地理・歴史が苦手です。なので、ほぼ裏手にある「西本願寺」へは興味を示さず一度も行ったことがなかったようです。c0185858_1347451.jpg
で、西本願寺行ってまいりました。…お寺、デカ!!
お堂の隅から隅まで床ふきしたら、かなりの運動になりそうなくらい大きい建物でした。
ちなみに、この「西本願寺」。「京都の文化財」ということで「世界遺産」にも登録されています。
今日の↑の写真はそんな西本願寺の境内にあった大きな公孫樹の木。
秋晴れの光がやさしく木やその下に咲いていた彼岸花に降り注いでいました。

  土曜日の新聞にこんな記事を発見。
偶然にも前回行きました「薬師寺」の執事さんのコメント記事。
「奈良のお寺はもともと学校で、仏法を学ぶ学問所。だから、いまも薬師寺や東大寺、法隆寺ではお葬式しないのですよ。」
あ、なるほど!!確かにそうかも!!
あまり奈良と京都に詳しくない方は分かりづらいかもしれませんネ。けれど、西本願寺へ行ったときに「あれ?なんだか奈良のお寺とちょっと違うかも」と思ったのです。
西本願寺では観光客の方の中に喪服の方もいらっしゃったのです。どうやらお彼岸だから法要か法事があったようです。
しかし、奈良では一般的なお寺以外は大きなお寺では喪服の方、見かけません。
そうですね、ちょっと違うかもしれないけど京都との違いは大きなお寺の近くに霊園が無いって感じでしょうか。
なんだか分からないけど、奈良とは違うと思ってやっぱりそうだったと気がついたとき、ようやく故郷のことを分かり始めたそんな気がしました。

 お寺や神社の中って異空間ですネ。
まるで別の時間があるみたいに思います。
今回、西本願寺に着く前に姉が「ここが西本願寺!と思う」と言って連れて行ってくれたのはお隣の「興正寺」。ってちゃうやん!!と言いつつ境内に入り、お堂へ。
ここは海外の方が一組いらしただけで、ほとんど人が居ませんでした。
静かな境内。でも、お寺を出ると前は、4車線道路で、たくさんの車。
不思議なものです、ほんとにここだけ別世界みたい。
そしてお堂の中は、ヒンヤリとした空気。まるでその空間に吸い込まれそうな感じ。
きっと昔々は、ここ「西本願寺」周辺に来ることが一生の楽しみだった人だっているかもしれませんネ。
そう思うと、大切な人や家族と一緒に自分の足でここまできてこうして拝観できるってことは実はすごく贅沢で、すごく幸せなことなのかもなぁ…なんて、思ったりもしたのでした。
なんだか、いつも同じこと言ってますね…。
でも、あんまり仏教などに詳しくない私でも、そう思わずにはいられないそんな空間でした。

 京都は、都会です。c0185858_13473760.jpg
東京に比べるといやいや違うよとおっしゃるかもしれませんが、奈良でも田舎に住んでいる私にしたら充分都会です。京都は碁盤の目のように区切られていますが、その場所場所によって街の雰囲気が異なり、静かな街もあれば、若者だらけのところもあり、オフィスが多いところもあって、町家だらけのところもある。
これがきっとたくさんの人を魅了させる理由なんでしょうね。
普段「奈良を知ろう!!」って言っている私ですら、「キャー面白い!!また来よう!!」なんて思うのですからね。けれど、悲しいかな帰りの近鉄電車から見える見慣れた故郷を見たら、なんだか落ち着く自分がいました。やっぱり、故郷っていいなぁ…。

あぁでも、もし京都に飽きられたり、行きつくされた方がいらっしゃったなら…「奈良」いかがですか?「古都、京都」とはまた違う「超古都、奈良」を味わってみませんか。
きっと、面白い発見が待ってますよ♪


 今回のいろいろ写真館:入り口

                 ところで、あなたは…。

                         ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2009-10-05 14:09 | いろいろ便り | Comments(4)
Commented by 太陽 at 2009-10-08 01:27 x
西本願寺、この前行って来ましたよ~!
その看板に龍谷大学なんたら~って書いてありましたから、そこのことですね!
京都は、確かに良かったです♪
奈良も時間ができたら…ですね、今のところは(^^;
Commented by mifuri at 2009-10-08 11:29
こんにちは~(^^)

台風の被害はありませんでしたか?
こちらは「えっ!?これだけ??」って感じで
あっさり通り過ぎ、今日は快晴です(*^_^*)

奈良と京都のお寺の違い、勉強になりました!!

奈良のお寺は学校なんですね!

で、奈良で生まれて京都で学んだお姉様、
なかなか良い味出してますね~(^_^;)

Commented by kawagonta_y at 2009-10-09 12:44
太陽さん☆
そうでしたか!!そういえば大阪、京都方面に旅行すると仰ってましたもんね(^o^)/
そうなんです、すぐ裏手に大学の図書館もあったようです。
奈良はいつか、「そうだ!」というときにでもいらっしゃって下さいネ!!
でも今、若い女性が「仏像」求めていらっしゃる方増えているそうですよ(^_^;)
Commented by kawagonta_y at 2009-10-09 12:54
mifuriさん☆
ヨカッタ!!
ちょうど沖縄に行かれたときと同じくらいだったから大丈夫だったのかな…と思っていたんです。
相変わらず私の街も、ほとんど影響なしです(^_^;)

奈良のお寺はそうらしいです、学校だったそうです。
今もそうなのかは分かりませんが、確かにパンフレットとか見るとそのようなことが書かれていることが多いですネ。私もなるほどと思いました(^-^)

姉は…地理・歴史がほんとにからきしダメです。
最近、滋賀に彦根があると知ったようです。本人は兵庫にあると思っていたようです。
昔はボストンはアメリカでなくドイツにあると思ってましたし、博多は北海道にあると…。
そして歴史の話になると、いつもキョトンとしてます。
そんな姉が高校、大学に行けたのが家族の中でも謎になっています(-_-)