そろそろ冬支度になってきたのでしょうか?

固く結んだ心がc0185858_16115548.jpg
優しく解けていく

はじめまして 
から 始まる出逢い

ささやかな繋がりが
鮮やかな色を 映しだす

花の命は 儚くとも
心に染まった 花の色は
決して 枯れない。



   なんだか今日は、肌寒いです。
起きたときは晴れていました。そして、曇って雨。今再び、晴れ。
秋の空と乙女の心は移ろいやすいと、昔の人は言ったけれど、ほんとに的を得ていますね。
暑いんだか寒いんだか分からない、そんな状態が続いているわが街ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?風邪やインフルエンザにはまだ、勝てていますでしょうか?

  先日、母と二人、祖父のお墓参りに行っていました。
母方のお墓は同じ奈良県内にあり、車で1時間弱のところの「高取町」という所にあります。
場所はそうですネ、明日香村の隣りにあたります。
で、いつもは祖母が一緒なのですが、今回は今、お遍路さんに行って少々疲れ気味だったので叔父の家でお留守番。なので、母と二人です。

  お寺まで行く途中の道で花好きの母が「あ、ゴンちゃん見て!!バラ園やって!!」と看板を見て言うではないですか。それじゃあ帰りに寄ってみようって事になりまして、早々にお墓参りを済ませ、看板の通りに行きますと、確かに大きくて立派なハウスがあるではありませんか。
しかしですよ、看板には「バラ園」ではなく「バラハウス」の文字。
ま、いっかと言うことで、車を停めて中に入りますと、おじさんが一人黙々と作業をしています。
私たちに気が付いたそのおじさんは、こちらに来てくださったのですが、ひと言。
「ここは、観賞用のバラ園じゃなくて、出荷用のバラ農園ですよ。」
…母はどうやら勘違いをしていたようです。
けれど、おじさんのお話だと出荷用なので咲く前に摘んでしまうし、中に入って見ていただくことは出来ないのですが、ある分でよろしかったら、お売りしているんですよ、とおっしゃってくださいました。一見、とても寡黙そうなおじさんでした。しかも、明日のためにと出荷用の花を摘んでいる作業の途中でしたし。c0185858_16234464.jpg
けれど、花好きの母と、好きだけどあまり詳しく分からない私とお話しているうちにおじさんの顔も綻んできて、気が付けば一時間くらい立ち話していました。
バラってほんとにたくさん種類があるんですネ…。
淡い色のバラ、咲いていくうちに色が変わっていくもの、香りがとてもいいもの、クラシカルな感じのバラ、そして、緑色したバラまで。
何より驚いたのは、種類よりも、土ではなく液肥で育てていらっしゃることに驚きました。なのでおじさん、ハウスの中に入るのに、靴を脱いでそれ専用のスリッパを履いていらっしゃいました。
イヤ~ハイテクですネ…。ハイテクと言えばもう一つ、種といえばサカタのタネくらいしか知らなかったのですが、今やドリンク会社のサントリーやキリンも苗や種の業界に参入されているそうでおじさんも扱っているんですヨ、と話してくださいました。
今日の写真は、そのバラ農園高取ばらハウスで買ったバラの写真です。
花の写真って難しいですネ…しかも活けてあるのってほんとに難しい…何枚撮るねんっていうくらい撮りましたが、ほとんど今ひとつでした。ほんとはとてもカワイイ、キレイなバラたちだったのに…。

ここ最近、いろんなところでいろんな人に出逢います。
もしかしたら、その出会いはこのままずっと続くかもしれないし、そのときだけかもしれません。
けれど、誰かと出合って話をするということは、いいものですネ。
自分の知らなかった世界に触れることもできるし、知らなかった自分に出会うこともある。例えば、「キライだ」と思っていたものを出会ったその人から教えてもらった角度から見たら、思いのほか興味が湧いてきたりするとか。
今回、出会ったおじさんはほんとにお商売をされている方ではないので、お話し上手という感じの方ではありませんでした。けれど、おじさんとお話していく中でどんなにかバラが好きなのかということがヒシヒシと伝わってきました。世の中「好き」だけでは出来ないことだってあります。おじさんはそれさえも、楽しむかのようにバラを育て、話してくださいました。
 何か一つでも打ち込むことができるって素晴らしいですネ。あんなにも、ひたむきに何かに情熱を欠けられるってステキだなぁ…自分もいつか何か見つけよう!と、色とりどりのバラの花束を抱えながら思ったのでした。
ちなみに、バラを買う前に母は別の花屋さんで、鉢植え用の苗を買っていて私の車はまるで、花屋さんのようになっていたのでした…。



                        ところで、あなたは…。

                          ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2009-11-02 16:58 | いろいろ便り | Comments(6)
Commented by memi at 2009-11-05 21:10 x
バラの柔らかい花びら・・・まるでやさしく語りかけてくれているような気持ちにさせてくれます。ありがとう。
話し変わりますが、奄美は、そろそろ砂糖キビの収穫が始まる頃じゃないかなぁ~。
ゴンさん、運良ければ生のキビをかじられるかもしれませんよ。天気であるよう祈ってますね。
私の奈良行きは、来年に決めました~。寒いのは苦手なのでね・・・。アドバイス有難うございます。

Commented by mifuri at 2009-11-06 15:23
綺麗なバラ☆
アップの写真もゴンさんが撮られたんですよね!?
プロの作品みたい!!

「バラ園」と「バラ農園」の違い、すみません、
お母様のかわいらしい勘違いに笑ってしまいました(^_^;)
でもその勘違いのおかげでまたまた素敵な出会いが
あったんですね(^o^)♪

いつかはバラを育てたいとも思うんですが、
バラは世話がかかるって聞くので、手が出せません★
まさに「高嶺の花」です(^_^;)
Commented by aya at 2009-11-06 16:20 x
ゴンさん、こちらにお邪魔するのがお久しぶりで変な感じがします。なかなか遊びにこれなくてごめんなさい。私の心配はいつもしてくれているのに…

綺麗なお花ですね。
お花は好きです。綺麗な色、良い香り。枯れないでって願っていても枯れてしまう。そこが寂しいですよね。
Commented by kawagonta_y at 2009-11-10 16:26
memiさん☆
こちらこそ、ありがとうございます。
あんなに可愛く咲いていてくれたバラも、今朝にはすっかり枯れちゃってまた寂しい玄関になってしまいました(-_-)

 サトウキビって今頃から収穫なんですネ!!
やった~!!私が昔、3月に沖縄に行ったときはもう収穫後で寂しい畑だったので、嬉しいです!!生サトウキビだ~♪

お!奈良にいらっしゃるのは来年にされるのですネ!!
奈良の冬は、雪は積もらないけど物凄い底冷えという理不尽な寒さが待ってますからね、春のほうがいいかもしれません(^_^;)
いらした際には、ゆっくり堪能して下さいネ~!!
あ、鹿には気をつけて下さいネ!!食べ物見たら突進してきますから(^_^;)
こちらこそ、奄美情報ありがとうございます(^o^)/
旅行もあと少し、いい天気だとイイなぁ…。
Commented by kawagonta_y at 2009-11-10 16:35
mifuriさん☆
きゃ~ありがとうございます(>_<)0
この写真、撮りまくったうちの奇跡の一枚です。あとは無残な状態の物ばかりでした…(-_-)

母の勘違いはよくあるんです。
忙しいからかもしれませんが、シャンプーとリンス、半々で買ってこようと思って、全部シャンプー買ってきちゃったり。「右」と言いつつ手で「左」をさしていたり…。家族は皆、慣れているんですが、たまに「え?」ということもします(^_^;)
でも、ほんとに今回は母のお陰ですてきな出逢いができました♪
さっそく母は花好きの友人に紹介したようです。

我が家もバラは、育てましたが、皆、枯らしてしまいました(-_-)
虫が付くんですよね…うちの庭、日あたり悪いし…。
挿し木できるそうなんですが、昨日母と、育てられないからとかわいそうなのですがそのまま、枯れたバラは捨てちゃいました(^_^;)
Commented by kawagonta_y at 2009-11-10 17:01
ayaさん☆
いえいえ、ご訪問、ありがとうございます(^o^)/
どうぞ、気になさらないで下さいナ。また、気が向いたらでいいので遊びに来てくださいネ(^-^)

花があるだけで、家の中って不思議なくらい明るくなりますね。
でも、いつかは枯れていってしまう。寂しいけれど、だから私は好きかも知れません。短いながらも花も頑張って生きているんだから、私も一生懸命生きようって(^-^)0
とはいっても、やっぱり枯れちゃったら、寂しくなってしまいますね…(;_;)