出会いの旅へと行って来ました。~鹿児島・山川編~

c0185858_15385674.jpg
新たな出逢いは 私を強くする

そっと触れた世界は 輝いていて
私は 一人 涙した

出逢えて よかった

深く辿れば 道は一つになるだろう
私の中に眠る何かと
それは共鳴しているのだろう

どこか懐かしい 新しい世界は
私が纏っていた たくさんの物さえも越えて
私の一部になる

未来は 光ってくれている。


 
  2日の日に鹿児島から、奈良に戻ってきました。昨日は帰ってきて早々京都へ用事があり行ってきたのですが、寒い。…しかも雨の京都はもっと寒い!!ハイビスカスが咲く南国から帰ってきたものですから、寒くて肩がこってしまいました。今日の奈良は曇り、時々晴れ。足先と指先がかじかんで動きにくいです。
こちらではいよいよ新型インフルエンザがピークを迎えつつあるようですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

  さてさて、今回の旅は鹿児島本土と奄美大島。どちらもお会いしたかった方々に会いに行ってきました。
c0185858_15395467.jpg
最初に行ったのは鹿児島本土。山川港というところで行なわれます、「琉球・山川港交流400周年」のイベントにmifuriさんとお嬢さんの三姉妹さんが出演されると伺い、行ってまいりました。
私が沖縄に初めて行ったのはもう5年ほど前。「沖縄が私を呼んでいる」といった友人のひと言で、旅先を決めたのがきっかけでした。それ以来、沖縄を以前よりも近く感じてはいましたが、深くは知りませんでした。
そして今回、改めて沖縄や奄美、鹿児島の文化を触れるきっかけを作ってくださったのはmifuriさんやnisiさんでした。
着いたその日は「くるま座文化交流」というものに、参加しました。こちらで、mifuriさんご自身と三姉妹さん、琉球舞踊の皆さんがご出演されていました。
「ツマベニ少年太鼓」の演奏から始まり、沖縄からいらした芸能連盟の皆さん、竹内琉球舞踊のみなさん、そして三姉妹さん、とどんどん披露されていきました。
圧巻、というか感動でした。一人、シートに座ってみていたのですが、なんだかほんとに感動して泣いてしまいそうでした。それぞれの場所に、誇り高き伝えるべき郷土の文化があるというのはほんとに、ステキなことですネ…。c0185858_15413852.jpg
 奈良は、お寺や神社がたくさんあります。けれど、それらを私はどうしても奈良独自の文化とは思えなくて、しかも新興住宅に住む私は村祭りというものに参加したことがありませんでした。だから、たとえばそれが沖縄や奄美、鹿児島でなくても四国や東北だってそれぞれの独自の文化があるということが私は、羨ましかったのかもしれません。きっとそれはたくさんの文化財のある街に暮らしているのに贅沢な話かもしれません。私が自分でもっと奈良で探せばいいだけのことかもしれません。それでも、少し羨ましかったのです。
 羨ましい、というのはそこに参加せず、見ているだけだったからかもしれません。
 乾杯の挨拶が終わり、同じテーブルにいらした女性に話しかけてみたのです。その方は琉球島唄をされているようで、お師匠さんが今回ご出演されるからということでいらしたようでした。話してますとビックリ!!なんとその方、学生の頃奈良にいたそうで「奈良の冬って寒いよね~」と盛り上がってますと、その方のお師匠さんも戻っていらしてまたひと盛り上がり。
そうこうしていると琉球舞踊が始まり釘付けです。そして三姉妹さんの島唄が始まるともうスゴイ盛り上がり!!周りにいた人も踊り始め、「あなたも入って!!」と私も参加。見よう見まねで全然あってないけどお構いなし!!最後には、琉球舞踊の大先生ご指導の下みんなで「安里屋ユンタ」を踊らせて頂きました。
皆さんのパワーに圧倒されっぱなしでした…。
 初めてお会いしたのにほんとに皆さんすごく気さくに話しかけてくださるし、ほんとに明るくて優しい方々ばかり。ただ見ているだけで「羨ましい」と思っていた気持ちが、「羨ましいけど、もっと触れてみたいなぁ」という気持ちに変わっていたのことに気がついたのは、二日目の夜、鹿児島市内を散策しているときでした。
c0185858_1542173.jpg
 鹿児島にいた2日間、ほんとにmifuriさん御一家にお世話になりまして、着いた日の夜は長女さん、mifuriさんのご指導で「三線」まで教えてくださいました。おもしろい!!リズム音痴だけど、できたら絶対楽しいですヨ!!唄も唄えたら気持ちいいだろうなぁ…。いや~みなさん気持ちよさ気に唄われるので…。
次の日も、イベント終了後、池田湖、開聞岳、仙巌園へと連れて行ってくださいました。
鹿児島って広いですネ…。あいにく桜島も、開聞岳もちょっともやってましたが、ほんとに大きな山です!!そして、きれいな形でカッコイイ!!三姉妹さん曰く、桜島の噴火はしょっちゅうで、机の上に灰は積もるしたまに揺れるそうな…。普通に話されてましたが…滅多にないことだよ?
さて、今回の写真は、山川港へ向かう電車の中から撮った一枚です。たぶん港に近いところらへんです。で、三枚目の写真が仙厳園からの桜島。松の木が左にあるのですが、作られた当初よりかなり大きくなっているんでしょうね…。お薦めポイントよりちょっと右よりです。最後は鹿児島空港で見た桜島と開聞岳の写真。晴れて運がよければこんな風に見えるんですネ…
次回はこんな風に見えるかな…?

 旅の前半でしたが、ほんとに会いたくて会えた皆さんだったので、ずっと浮かれっぱなし。
なので鹿児島空港に着いたとき、「忘れてた!!」ということばかり。それはまた次回ということで…。ほんとにすてきな出逢いは自分の中の何かを、変えていってくれますネ。
ほんとにmifuriさん、三姉妹さん、旦那さん、琉球舞踊の先生と皆さま、ありがとうございました!!またいつか、伺いますヨ!!
さてさて、奄美編は次回へ続きます…。

いろいろ写真館 入り口
 
                       ところで、あなたは…。

                           ~ゴン~
      
  
[PR]
by kawagonta_y | 2009-12-04 16:07 | いろいろ便り | Comments(2)
Commented by mamaten at 2009-12-05 00:47
お帰りなさい~♪ご無事のお帰りで何よりです。
たくさんの出会いと体験と、興奮冷めやらぬお気持ちが察せられますよ^^新しい世界が開けたご様子で、自信が湧いてきたのでは無いでしょうか。
又直ぐに行きたくなったでしょう?今度は中君の「ゆらいんちゅツアー」でしょうか^^
ろくに走れないくせにマラソンにトライしたくなる気持ちと多分似ていますよ^^);・・・・・少し違うかな・・でも、三線、習い始めるかも・・・・
今後のゴンさんが楽しみです~^^
Commented by kawagonta_y at 2009-12-07 21:16
こんばんは~!!
ありがとうございます。そして、ただいまです!!
ほんとにステキな旅でした。一人旅って初めてだったのですが、皆さんにほんとに良くして頂いたので全然不安などありませんでした。
自信になるとイイなぁ…でも、なんだか新しい世界、開けたようです(^o^)/
実は…そうなんです。「ゆえゆらい」行きたいなぁって今、企んでいます。
いやいや、気持ち同じだと思いますヨ。だって、三線やりたいなぁって思いはじめてますから(>_<)b