なんだかおいしい物を食べに行きたくなりました。

c0185858_13262541.jpg
どうしても辿りつかなくて
ひとり コンロの前で立ち尽くす

貴女に教えてもらった通りのレシピは
それ以上のことを教えてはくれない

何度も食べて
何度も手伝ったのに
私が作ると
違う食べ物に出来上がる

最後の一味が わからない

足りない物が見つかったとき
私 「お袋」になっているかしら

キッチンは 甘塩っぱい匂いで
満たされていた。



   解禁です!!多分もう解禁です。新型インフルエンザ多分うつってません、多分ですけど。
早い人では2日で感染するらしいし、もう一週間以上経っていますんでもう大丈夫でしょう♪なんでしょう…嬉しいんですけど、なんだかまたいつ罹るか分からないってのもちょっと困った物ですネ…。 昨日、一昨日はとってもいいお天気だったのに、今日はうって変わって曇り空。ストーブの前で小さくなるほど寒いわが街ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

   c0185858_13284419.jpg
今日は、イタリア番外編で旅行中のご飯です。
皆さんは、どちらかといえばパン派ですか?コメ派ですか?私は断然、パン派なのです。大袈裟かもしれませんが、一日3食ともパンでも大丈夫です。これが海外に出たときにかなりはっきり出るようです。しかも、長期滞在ならなお更です。
私の以前勤めていた仕事場の先輩と後輩はフランスに長期滞在したことがある人たちでした。先輩は、根っからのコメ派。滞在中の一番の苦痛は毎食出てくるパンとジャガイモの料理。そして間違って買ってしまったときの炭酸入りのミネラルウォーター。帰国して一番最初に食べた豚汁が美味しくて涙したとまで言っていました。一方後輩は、これまた根っからのパン派。毎日が楽しくてご飯も最高!!炭酸入りのミネラルウォーターは自ら買って飲んでいたらしい。帰国してからも変わらずのパン派。
海外を味わうのも、この問題が付いて回るようですね。しかし、私はいくらパン好きと言っても、後輩ほどはいかないだろうな…やっぱりおにぎり、食べたくなりましたもん…。

  行きの機内食は普通に洋食を頼んだのですが、途中軽食が出まして、サンドウィッチかおにぎりを出してくださいました。普段あまりおにぎりを食べないのですが、急に食べたくなり一つ頂くことに。日本食といえる物を食べたのは帰国するまでこのおにぎりが最後でした。
朝食はどのホテルも同じスタイルで、アメリカンスタイルというのでしょうか。パン・ハム・サラミ・チーズ・ヨーグルトなどの軽い物だけでした。日本式のたくさん種類があるっているのもなかなか魅力的なのですが、このアメリカンスタイルも時間が無い団体ツアーにはいいですネ。しかも、どのホテルのサラミとチーズが美味しかったんですヨ!!ありゃ買って帰りたかった…。なんでもユーロ圏から肉製品を持ち込むときの検閲が大変らしいので断念しました…。
一食だけフリーだったのですが、それ以外はツアーに組まれていたので皆さんと一緒にご飯を食べました。知らない土地で分からない言葉なので安心です。
 ご存知の通りイタリアでは、リゾットがあるので米は食べられます。ただ、洋食なのでしょうゆ味が恋しい方は辛かったかもしれません。
2日目の初めてのイタリアンは、ミラノ風カツレツとサフランリゾット。夜が魚介のリゾットと白身魚のムニエル。
3日目は魚介のフリットとイカ墨パスタ。夜がパスタとチキンのトマト煮。
4日目が気分転換に中華料理。夜はラビオリとフィレンツェ風ステーキ。
5日目は野菜のフリットと初のピザ。夜はパスタと豚肉のソテー。
6日目はペスカトーレと魚のムニエルでした。そして6日目の夜がフリーだったのでホテル近くのパスタ屋さんで、トマトソースのペンネパスタを。
しかし、こうしてみると充分にイタリアン堪能してますね…。実際、味は…普通?ちょっと薄いかな?位でした。でね、なんでかな?と思ったのですが、全部がそうだった訳じゃないのですが。イタリアの方は休暇をちゃんと取る方々だそうです。私が行ったのは、年末年始、ばっちり休暇中。聞いた話によるとこんなとき、作ってる方はイスラム圏やアジア圏の方が多いそうで、ちょっと味が違うらしい…。一概には言えないと思うのですが…ちょっと残念。なかなか難しいけど、もし行こうかなと思われる方がいらしたら時期をずらした方が良いようです。
日本で食べるイタリアンやフレンチが美味しく感じるのは、日本人が作った日本人の趣向にあった味だからだと聞いたことがありますからね。こればっかりは自身の好みですネ。
 今日の写真は、私の好きな蜜柑の写真です。蜜柑は食べるのも好きですが、この実と葉っぱの色のコントラストも好きです。いや~この色の組み合わせがかわいい…。奈良県ではあまり温州みかんとか作られません。どちらかといえば橙とか皮がぶ厚く、酸っぱい物がほとんど。なので奈良産の蜜柑ってのが売られているのを見たことがありません。蜜柑はやっぱり暖かいところじゃないと出来ないんでしょうね。こちらではもっぱら有田、長島、讃岐、愛媛の蜜柑が多いです。ちなみに、我が家には蜜柑の木は植わってませんのでこの木はご近所さんの物を拝借しました。c0185858_13312655.jpg
次の写真は、イタリアで食べたピザです。これはすごく美味しかったのですが、そのまえにフリット(揚げ物)とサラダが出て、一人一枚、大皿に乗ったピザだったので食べ切れませんでした…。基本的に何にしても量は多いですヨ…イタリア。昼も夜も最後にはデザートが出るのですが、甘いし多いので皆さん、ギブアップしてました…。そして最後は、友人が買ったオレンジのはずなのに真っ赤なファンタと、漢方を飲んでる私が手放せなかったミネラルウォーターです。このオレンジファンタ、ブラッドオレンジという種類のオレンジと思いきや、普通のオレンジで、さらにペットボトルが赤かったという、友人の期待をはずしたものでした…。
  

  皆さんにとって「お袋の味」ってなんですか?例えば、イタリアでは「ミエストローネ」だったり、今の子だったら「カレー」とかでしょうか?
実際に、お母様が作られたものでも良いですし、このお店のこの味が自分にとってのお袋の味なんだ!でもいいと思います。はたまた、お父様やおばあさまでも、「お袋の味」は「お袋の味」なんでしょうね…。
で、私はと言いますと…。あれ?なんだろう?最近、自分でも作っていますので、「これ!!」というのが悲しいかな思い浮かびませんね。ただ、最近思うのは、どうしも母の味にならないってことでしょうか。いろんなご飯をぼちぼち作れるようになって、自分でも美味しいなって思ったりもします。でも、煮物や煮込みなど、母の味付けが好きでその味に近づこうと思うのに、なんででしょう?あの味には、なりません。母は…きっちりしてそうで結構大ざっぱですので、何をどれだけ入れるの?と聞いても「ん~適量!!」と答えてくれます。でも、その適量と味の違いは多分イコールではなくて、きっと母が祖母から受け継いだ母だけが知る「勘」や「思い」の隠し味なんかがあるんでしょうね。
 「お袋の味」は…奥が深いですネ…。最近、地方料理や家庭料理にも興味がでてきて、テレビなんかを見ていても「食べてみないなぁ」なんて思うことが多いです。しかし、その前に自分ちの「お袋の味」です。はてさて、私、それをいつか解読できる日が来るのかしら…。
そうそう、この長い休暇で行ったいろんな旅先で得た面白いこと。それは、旅先に行ったらその地元のスーパーなどに入ってみるということです。
自分の地元とはまた違う感じで面白いですヨ♪


                    ところで、あなたは…。

                          ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2010-01-25 14:14 | いろいろ便り | Comments(2)
Commented by mifuri at 2010-02-03 12:35
こんにちは!

おいしそうなミカンとピザ!
…の下にはキョーレツなファンタ(笑)

うちのおふくろの味かぁ…なんだろう!?
最近は量さえあれば味は二の次状態なんで
考えさせられました(^_^;)

でもうちの子達には身近にとし姉や
琉舞の先生方・お弟子さん方という料理上手な方々が
いらっしゃるんで、母は出る幕がないみたいです(^_^;)
Commented by kawagonta_y at 2010-02-09 00:07
こんばんは~!!

ピザ、ほんとに美味しかったのですが、このファンタには笑いました。味は…確かファンタってこんな感じやったっけ?って感じで、国によって少し違うようでした。

「お袋の味」って思い出したのってつい最近くらいですヨ(^o^)/
たとえば友達が作ったものを食べたりとか、自分で作った料理の話になったときにそんな話題になったり。昔は、全然考えていませんでした。作ってもらってるっていう気持ちもなかったですし(^_^;)

料理上手な方がまわりにいらっしゃるの心強いですネ♪
でもきっと、三姉妹さん達にも「これはお母さんのが一番☆!!」ってのがあると思いますヨ(^-^)b