久々に一人遠足をしてきました。

c0185858_1643517.jpg
この角を曲がれば 東大寺

あなたは見上げて微かにため息ついた
立ち止まるふたりを
列を成した団体客が 追い越していく

絶え間なく焚き続ける香台が
さらに時空を 歪め始める
天平の 人はなくとも
天平と変わらぬ 空がある

通りを抜けて 飛火野辺り
陽だまりの中に 梅が咲く
木橋を渡れば 浮見堂

あなたとふたり
この道を行くのが 夢でした

二月堂に お松明が走れば
古都の冬は ようやく明ける。



 なんだか最近、一日置きの天気の変化がめまぐるしいですネ。昨日は雨でした、でも、一昨日は晴れていました。あ、でも今日は雨ですネ…。寒いです、やっぱり冬ですネ。
そういえば新型インフルエンザの恐怖もすっかり忘れている今日この頃ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

c0185858_1651717.jpg  先週の金曜日、いい天気だったので「東大寺」へと行ってきました。ほんとはもう少し早くに行こうなんて思ってたのですが、延び延びになっていました。したら案の定、興福寺の国宝館の工事が始まっていて、阿修羅さんには会えませんでした。ま、自業自得です。
なので、時間もいい感じだったのでお昼を食べに「HABUSU」さんへ。こちらは以前にも紹介いたしました奄美の鶏飯専門のお店です。こちらはサーフィンをされていた旦那さんととってもカワイイ奥さんとでされていますお店で、以前奄美でお会いした「喜多八」さんのお姉さんとお知り合いでした。
「HABUSU」さんも奄美大島の良さと鶏飯の美味しさをもっとたくさんの方に知っていただきたんですと、話してくださいました。とっても美味しいご飯をいただきました。お店は「奈良ホテル」さんの近くです。奈良にお越しの際は、一度いかがですか?

c0185858_1655441.jpg  東大寺へ行ったのは、いったいいつ頃だったけかな?小学校の低学年の遠足だったかな?あ、小学校3年生だったかな?確か、若草山で写真を撮った覚えがあります。…もう、遠い記憶です。ちゃんと中に入ったのはそれ以来ですネ。久しぶりに行った東大寺は、キレイでした。春日大社へ行ったときも思ったのですが、私が幼い頃よりもキレイになっています。変な話、そこらじゅうに鹿のフンが落ちていたんですがね、今はあっという間に清掃員さんが片付けられます。避けて通るのが大変だったんですヨ…ほんとに。下向いて歩いてないと踏んじゃうくらいだったのに、普通に歩いていてももう大丈夫です。
この鹿なんですけどね、普通にいます。どのくらい普通かというと、鳩、スズメ、鹿、車くらいに普通です。で、よく分かってらっしゃるので何か貰えそうな人のところに寄ってきます。だから私は昔、鹿が苦手でした。持っていたお弁当もお菓子も皆、食べてしまうから。しかし、今この何でも食べちゃうが仇になってビニールを食べて窒息死する鹿が増えているそうです。皆さん、ゴミはゴミ箱へ、もしくは持って帰ってください。
冗談抜きで私、半日居ただけで二匹の鹿がビニール袋食べようとしてるの見ましたから。 

c0185858_1663438.jpgそうそう、東大寺の話でしたネ。改めて行って思ったんですヨ。きっと今の私たちなんかより、昔の人のほうが偉いんじゃない?って。大仏殿は戦火によって二度、消失しています。そのため2度再建されていて、1度目は鎌倉時代。2度目は江戸時代です。したがって今残っているのは江戸時代の物。パソコンだって、計算機だってない時代です。クレーンだって、シャベルカーだってないんですヨ。ダンプカーだってない。全て人の手で作り上げられたもの。そして何より、それを再建しようとした人々の心がスゴイなぁ、って思うんです。
だって、今どこかのお寺を再建するって言われても多分「そうなんやぁ…」で私、終わってしまいそうです。何かを守り伝え続けるってすごい情熱だなぁ…と思ったんです。

 今回の写真は東大寺の裏の道を歩いていたら、なんともカワイイ千両?の木を発見。この季節、鳥に実を食べられてしまうのにこの木は残っていました。
次はご存知東大寺、大仏殿と大仏さんです。最後は浮見堂へ向かう道すがらにある公園での一枚です。久々にたくさん歩いたら、筋肉痛になってしまいました…。

  ひねくれ者の私は、お水取りが始まる二月堂に向かわずに東大寺のほかに今回、正倉院、戒壇院を見て廻りました。時を越えて、そのものはずっとそこにあるんですけどね、創った人はこれが何百年ものあとの人にも伝えようと思っていたのだろうか?とか、どんな未来を想像していたんだろうとか考えていました。そして、あんまりにも昔の時代からあるから、木と一緒、この建物や像が生きてきた時間に比べれば、人が生きている時間てほんとにごく僅かなんだなぁ…でも、そのごくわずかな時間でもこれだけの物を作り残せる人の力って凄いんだなぁと改めて思ったのでした。さて、私には何ができるかな?
  
 いろいろ写真館:入り口       

                   ところで、あなたは…。
 
                       ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2010-02-01 16:32 | いろいろ便り | Comments(4)
Commented by mifuri at 2010-02-03 12:50
インフルエンザ、大丈夫だったんですね(*^_^*)
お姉様はもうお元気になられましたか?
うちは子供達は予防接種を受けました。
小学生の三女だけ2回接種だと言われ、
三女はこっそり泣いてましたけど(^_^;)

鹿が普通にいるのもびっくりだけど、
遠足が東大寺ってのもやっぱりすごいなぁ~って
思います!
あっ、うちの子達の遠足、
桜島の「溶岩公園」って所だった事があるけど、
ゴンちゃんにはこっちの方がびっくりでしょうね(^_^;)
Commented by rockheartgarden at 2010-02-04 01:26
ゴンさん こんばんは~
ずいぶんご無沙汰しました!

↓の旅行記、何回も読んでいます。
ゴンさんの文章力に圧倒されています(^^;)
若い時に海外へ行かれて経験されたり感じたことは
とても貴重な財産になると思います。
ゴンさんの世界がどんどん広がって行くことでしょうね。

インフルエンザ、浜松では一般人への接種が始まったので
さっそく行ってきました。
でも罹る確率は低いんですよね、、、年齢的に私は(^^)
Commented by kawagonta_y at 2010-02-09 00:20
mifuriさん☆
ありがとうございます。本人はもうすっかり元気ですヨ!
でも、家族はちょっとしんどくなったら実はうつってたんじゃないかと怯えています。怯えるくらいなら注射打てばいいいのですが、やっぱり注射は苦手です(^_^;)
なので、三女さんの涙、分かりますよ…。

そうなんですよ、鹿は普通にいます。けっこう人懐っこいんで手からものを食べますよ♪観光客の方はやっぱり、普通にいるのに驚かれますが、慣れているので私も普通です(^_^;)
遠足は小学校の低学年のうちに、明日香の石舞台や東大寺、春日大社などへ行くのですが、あまりに昔過ぎてほとんど覚えていません(-_-)
中学校になれば、歩いて薬師寺、唐招提寺とか、吉野山登山、山の辺の道完歩という体力勝負な遠足ばかりでありがたみなんてありませんでしたし…。でも、今から思えばすごい内容ですネ…(^_^;)
ん?「溶岩公園」ですか??溶岩ってあの噴火したときに出来る溶岩ですよね!!な!!そりゃ、すごいですヨ!!そういった公園があるんですネ、桜島(*0*)
あ、でも私が小学生だったら絶対そっちの方がヨカッタです。楽しそう(T_T)
Commented by kawagonta_y at 2010-02-09 00:32
rockheartgardenさん☆
こんばんは~!!
こちらこそ、お久しぶりです(^o^)/

そんな、ありがとうございます。
文章で褒めていただいたのってほんとにあるかないか位なので、すごく嬉しいです。説明下手、文章下手なのでいつも周りを混乱させていますので(^_^;)
海外へはほんとに行ってよかったと思っています。仕事の師匠や先輩方も一度は行ってみたら?世界が変わるよって言って下さっていましたし、ほんとに何か自分でもよく分かっていないのですが、変わった気がします(^-^)
また、機会があれば行ってみたいですネ(^o^)/

あ、私の街でもそろそろ始まっているようです。感染したら嫌やな…って思うのですが注射苦手で、足がそっちに向きませんネ(T_T)
そういえば、うちの父と母も「罹りにくい歳やし、罹ったらかかったや~!!」って言ってますヨ(^_^;)