まるで春のような暖かさですネ…♪


ここの時間は
流れが少し 違うらしい
c0185858_1146658.jpg
揺らぐ時の中で
変わらずに在り続けるという 変化
変わらないという 強さ
誰もが ただの人に戻る
そんな 世界

ここの時間は
少し 違うらしい

そう 人の一生は儚いもの
ごらん 1400年の時を越えて
時空たちはあくびをしている
目覚めたばかりの像たちは
君たちを見て
再びの眠りにつくだろう

ほら 白い月が見ている
急ぎ足で歩くと
空が見えないだろう
宇宙だけが
この営みを見ていたというのに

儚い人生
急ぐも 同じ
ゆらりと生きるも同じ

君の速度を 生きてごらん。




    ここ数日、イイお天気ですネ。奈良でも最高気温が19度という春になったようなお天気です。…目が、かゆい…体のあちこちが…かゆい…。どうやら花粉症が復活のようです。お医者さんに行ったらいつもと違う薬を下さったので、よくなりそうです。でも、こんなにいい天気なのに、窓が開けられないって辛いですネ。皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。

c0185858_11482370.jpg 先日、午前中に所用を済ませたあと、あんまりにもいい天気だったので以前から行ってみたかった「法隆寺」へと行ってきました。法隆寺へは2度ほど境内近くまでは行っていたのですが、中に入って参拝したのは今回が初めて。遠足ですら行ったことがありませんでした。近くて遠い、そんな名所の一つですネ。
 着いたらお昼過ぎってこともあったのか、修学旅行生や団体ツアーさん、観光の方でけっこう賑わっていました。けれどあんまりにも団体さんが多いので、ちょっとポイントをずらして、ゆっくり廻ってみました。
  今年、平城京が遷都されて1300年です。法隆寺はそれよりも前に建立されていて1400年前となっています。途方もなく遠い、遠い昔です。ここまで昔だと、物が残っているのも奇跡ですネ。と言う訳で、1993年に世界最古の木造建築として日本で初の「世界文化遺産」に指定されています。この奇跡は1400年もの間、日本国内外での戦争があったにも関わらず、戦火に遭うことなく残ったこという意味でも、有難い事なんですネ…。上手い具合に逸れたのか、それとも逸らしてくれたのか…。

 c0185858_1149658.jpg
 法隆寺は思いのほか、大きい所でした。しかし、拝見してますと…自分の中の時代や時間の感覚がずれていく気がします。奈良でお寺や神社を見ているとそういった感覚になるんですけどね、例えば作られた時代が「飛鳥時代」だとします。すると「そ~か~、古いなぁ…」っと思うんですネ。こりゃ、当たり前です。次に「鎌倉時代」を見るとします。 すると「ふ~ん、そんなときも作ってたんや…」となり「江戸時代」になると、「あ、新しいんや」と私、なってしまいます。江戸時代って、全くもって新しい訳ないんですヨ。充分昔です。誰も江戸時代を体験したことないんですからね。なのに、そんな風に感じてしまうのです。ちなみに、お寺や神社でよくある手を清めるために洗う場所ありますよね。法隆寺のある一角にあった水が出るところ、製造は「明治」となっていましたが、だ~れもそれに気がついていないようでした。「明治」までなるともう、普通なんですかね…。
 以前にもお話しましたネ。不思議とお寺や神社って独特の空気が流れていますね。それは大体が「大講堂」や「金堂」に入ったときに私は、感じるんですネ。法隆寺は…時間がものすごくゆっくりというか、止まっているかのように感じられました。創建当初から考えると、あきらかに鮮やかな色は落ちて、ほとんど木や土の地肌の色になっているのですが、時間というか空気は、とても流れが遅く感じられる場所でした。
 c0185858_11495180.jpg
  しかし…1400年ですか…。遠いなぁ…。以前どこかで、「変わらないという変化」があるということを聞いたことがあります。変わらないで在り続けるということは一見、頑なに何かを守り続け変化を受け入れないという感じがしますが、実のところ、柔軟にその時々の流れを受け入れ、自分が出来る範囲内での変化をすることによって「変わってはならない物」を守り続けるということだそうです。だから、細かく見れば変化はしているのだけれど、大きく見ればそれはほんの些細な変化に過ぎなくて、芯は変わっていないということ。
 今回、ほんとにステキな木に出会いました。大きくうねったその古木は、中が朽ちてはいたけれど今も葉をつけ、大きく生きていました。そうですね、「変わらないという変化」はまるで木のようですね。木は生まれたときから朽ち果ててしまうまで、自分ではその場所を移動できません。けれど、途中で障害物があったり、切られてしまったりして形を変えなければいけないことだってある。木だって真っ直ぐ空に向かって伸びたいだろうに、受け入れなければいけない現状だってある。大きく歪んで育った木は、それでも木に変わりはありませんものね。むしろ、その姿が、誰かの感動を呼ぶことだってある。
「変わらないという変化」、とても芯の強い人のようですね、私はどうだろう…。

c0185858_11501924.jpg 今回の写真は、その出逢った大きな古木です。池のほとりの生垣のところに植わっていたのですが、皆お寺のほうばかりを見て立ち止まりません。たまたま気がついた私が、写真を撮っていたらおじさんが「スゴイ木やなぁ…。これだけ古い木だからパワー貰えるよ」っとおっしゃって木と一緒に写真を撮ってくださいました。ヤッター!おじさん、ありがとう♪次の写真は「西円堂(さいえんどう)」という小高いところにある建物から撮った法隆寺の伽藍です。そういえば「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」ってここの鐘だったのかな?今もここの鐘は時を知らせるのに使っていますヨ。そして、大講堂近くに咲いていた梅三昧。あんまりにもいい香りで、調子よく何枚もオバちゃんたちと写真を撮っていたら…どうやら暖かさに目が覚めたのかたくさんの蜜蜂もいました。今回も少々長いのですが、「いろいろ写真館」にアップしましたので、よろしければごらん下さいネ。
 そうそう今法隆寺「夢殿(ゆめどの)」では、滅多に開けないという「伝法堂(でんぽうどう)」という所が開けられていて、三組の阿弥陀如来さまが拝見できるようになってますよ。いかがですか?

  近ごろは、仕事がないのであれこれと、いろんな事を考えてしまいます。他愛もないことだったり、大きな事だったり、人とのつながりや今までやこれからの自分のこと。私は、深く何かを信仰している人間ではないけれど、こうして神社やお寺とかどこか自分の生活とは少し違う場所へ行くと、考えていたことを忘れられたり、その考えていたこととは違う方向から見れたりします。どうやら、近くて遠いと思っていたのは、どこかで遠ざけていた自分がいたのかもしれませんネ。「変わらないという変化」、私には何があるだろう…?

いろいろ写真館:入り口 「法隆寺」


                     ところで、あなたは…。

                        ~ゴン~
 
[PR]
by kawagonta_y | 2010-02-24 12:44 | いろいろ便り | Comments(4)
Commented by mifuri at 2010-02-26 12:56
花粉症~(>_<)★
私も、今年もしっかり悩まされてますよ~(T_T)
毎日甜茶と徳之島産のお茶・べにふうきの
お世話になってます(^_^;)

それにしても、すぐそばに千年以上前のものがあるって
やっぱりスゴイ環境にいるんですよ、ゴンちゃんは☆
江戸時代が「新しい」って思いませんもの!(笑)
Commented by norinori at 2010-02-26 23:26 x
遅くなっちゃった~(・_・;)ゴメンネ!

今まで意識したことなかったけど…
「変わらない」って変化してないと変わらずにはいられないんだね(=゜-゜)(=。_。)

「急ぐも同じ ゆらりと生きるも同じ
君の速度を生きてごらん」ってコトバに、私らしくありたいなぁ…って感じマシタ(*´∇`*)

写真もめっちゃステキでした!私もゆっくり行ってみたいなぁ…
こういう所でひとりボーっとするだけで、色々考えられるよね!(b^ー°)
Commented by kawagonta_y at 2010-02-28 16:22
mifuriさん☆
こんにちは~!!
ありゃ、mifuriさんも花粉症ですか…。ここ数年はそんなに症状が出てきてなかったのですが、今年は久しぶりにクシャミ連発です(^_^;)
甜茶、飲んだことあったのですが、あの甘さに断念してしまいました。今は、母お薦めのヨーグルトを食べてます(^-^)

やっぱり…そうですよね、すぐ近くにあるってすごいですよね☆
なんだか、年代の感覚がどうもずれていってしまいます(*_*;)
もっとすごいんだよ~!!って感じで展示してあったりしたら別なんですが、…普通にあるので感覚が…。
恐ろしき奈良の時代の感覚です(^_^;)
Commented by kawagonta_y at 2010-02-28 16:35
noriちゃん☆
いいよいいよ、気にしないで~!
私も、週一くらいでした更新できてないんで、読んでもらえてしかもコメント頂けるなんて、それだけで嬉しいので(^o^)/

全部が全部「変わらない=変化」ではないと思うんだけど、そういう変化というか「変わらない」在り方もあるみたい。
でも、なんだか心の大きなことだよね…。

ありがとう!!まだまだ素人写真で同じ物を「何枚撮るねん!!」ってくらいいつも撮っちゃうけどネ(-_-;)
奈良にはずっと住んでいるけれど、あまり関心なかったのヨ。
でも、中さんやここに来てくださる皆さんと出逢ってね、自分の故郷をどこまで知っているだろうって思って、いろいろ意識するようになったんよ。でも、意外と知らないことばかり(^_^;)
せっかく近いのでたまにフラッと行っては、いろんなこと考えてます(^-^)
兵庫からだとちょっと遠いけど、また時間が出来たら遊びに来てね~☆
せんと君も待ってるよ(^_^;)