やはり寒さが少し、戻ってきましたね…。


「そんなに 降らなくてもいいのに」
c0185858_1657546.jpg
少し曇った窓を見つめて
君が 口を尖らす

雨の朝は 気だるい
少し冷めたコーヒーと
ハニートーストを
二人でほおばる

「雨なんて キライだ…」
先週 君がたてた計画を
昨夜からの雨が台無しにした

こんな天気でも
濃いピンクは 遠くからでも映える
けれども
雨脚が強まった公園には
満開の梅を
愛でる人もいないだろう

「雨が納まったら 散歩に行こうか」

いたずら顔で笑う君は そう 
めげない人でした。


   
  先週から引き続き、花粉症です。間違いなく、花粉症です。久々に目がかゆく、クシャミを連発して花粉症を満喫しています、したくないけど…。でも、薬が効き始めるとすっきり。薬って…すごいなぁ…。すごいけど、体質変えなきゃ治んないんだろうなぁ…と思いつつ、日々食前食間の6回もの漢方薬を飲んで、お腹たぷたぷになっている私ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
  c0185858_16594911.jpg
  先週、祖父のお墓参りの帰り、月ヶ瀬村へと行ってきました。こちらは奈良でも有名な「月ヶ瀬梅林」がありまして、梅がとってもきれいな場所です。位置的には…月ヶ瀬は奈良市になっていますが、奈良と三重の県境にあり伊賀市のお隣となっています。…奈良の秘境ですネ…いや、奈良には秘境がたくさんありますが。
 祖父の眠るお寺や月ヶ瀬に行くまでの道中は、数日続いていた暖かさのため、梅はほぼ満開に近い状態でした。が、やはり山の上の方へ行くと、ところどころしか咲いてなく、ちょっと寂しい感じ。なので、「梅を見に行く」というよりも「月ヶ瀬までドライブ」となってしまいました。写真もほとんど撮れず…。
でもきっと、満開の頃はたくさんのバスと人とで梅どころじゃないんでしょうね。
月ヶ瀬は奈良をお盆に例えるとちょうど、淵にあたります。山の上なのでお茶が名産!そうです、意外に奈良でもお茶が採れるんです。「大和茶」って言うんですけど、ご存じないですか?あんまりご存じないでしょうね…生産高は多分、そんなにないから…。月ヶ瀬の道の駅では、けっこうお茶が並んでいるので、もし梅を見に行かれたら一度、いかがですか?ただ…京都が隣りなので「宇治茶」も並んでますが…。
 c0185858_16582742.jpg
 梅が咲く頃になるといつも思います。梅って…あんまり唄に出てこないなぁ…と。皆さんは何かご存知ですか?知らないといってもそんなに幅広く曲を聞いているわけではないので、限られているのですが。そうですネ…私が一番に思い出すのは、さだまさしさんの「飛梅(YouTubeはこちら…飛梅)」という歌ですかネ。「飛梅」といえば「福岡太宰府天満宮」の「飛梅」です。それが歌詞に出てくるという歌なんですけどね。母に、そういえばあんまりないねぇって話をしていたら、一言。「梅って…渋すぎるからちゃう?」…なるほどね、納得。キレイだし、香りもいいし、私は好きですが、確かに…渋いなぁ…。不思議と「桜」とか聞いたら、「儚げだなぁ…」と思うのですが「梅」と聞いたら、なんだか「古風で渋い」というイメージになってしまいますね。言葉の持つ「イメージ」ってスゴイなぁ…。余談ですが、今You Tubeでさださんの声、聞いたんですけど…若いなぁこのときの声…。

c0185858_16575383.jpg 今回の写真も、いろんなところの梅三昧!まず最初はわが家の梅です。
そして次は、月ヶ瀬の「白髪の梅」。白梅なんですがなんとこの梅、樹齢500年だそうですよ。お次は隣町で見かけた神社のしだれ梅が二枚。こちらは淡いピンクでした。最後はもう一度、わが家の梅。
 我が家の梅は、毎年言っていますが、父が退職するまで、年々花芽を付けなくなり最後には咲かなくなってしまいました。どうも、我が家と頼んでいた植木屋さんは合わなかったようですね。父が退職を機に、庭の植木の手入れをしてくれるようになってから、復活し花を咲かせるようになってくれました。数年前のあの木から考えると今の満開具合は想像つかないくらいです。
なので、なぜ2週続けて「梅・梅・梅」って言っているのかと言いますと。つまるところ、今年も満開の梅が咲いてくれたことがただすごく嬉しいってだけのことなんですけどね。


c0185858_1705223.jpg


                     ところで、あなたは…。

                        ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2010-03-01 21:37 | いろいろ便り | Comments(6)
Commented by aya at 2010-03-02 01:38 x
久しぶりにお邪魔します。
ゴンさんの始めに書いてあるポエム、詩がとても好きです。
なんだかホッとします。

雨がひどかったですね。
でも、とっても綺麗な梅ですね。素敵です。
Commented by kawagonta_y at 2010-03-02 23:15
こんばんは~!!
来てくれてありがとう!!そして、そう言って頂けてとっても嬉しいです。ほんとにありがとう(^o^)0

雨、ひどかったね…。桜にしても金木犀にしても、そして梅も満開の頃になると不思議と雨が降りますね…。
無かったら生きてはいけないけど、せっかく咲いているのにちょっと可愛そうですネ…。
Commented by mamaten at 2010-03-05 01:39
梅が咲くと春の訪れを感じますね。
それと冬の終わりも。
そしてもう一つ、草取りシーズンの幕開けですわ~^^);
こればかりは避けて通れないので憂鬱ですが、春はやっぱり嬉しいです^^
我が家の梅はもう散り始めていますが、梅の開花が季節を運んでくれるのは風流でもありますね。・・・・・なんて言ってみました^^
今年も御父様の丹精込めたお手入れの梅が開花されて良かったですね^^
喜びもひとしおですね。
Commented by kawagonta_y at 2010-03-07 00:09
mamatenさん☆
最近再び寒くなったので、我が家の梅の花もまだまだ頑張ってくれています(^o^)0
そうですね…梅を見ると…春だなぁ…って思いますね…(^-^)
草木で季節を感じるって、当たり前だけど、ステキなことですネ…☆
そうそう、梅よりも先に草の方が元気で、チューリップの芽よりも先に気がつけばもう出てますね(^_^;)
 私もニコニコしていますが、やはり父の方がもっと嬉しいようで、梅の話題になるとずっと話していましたヨ(^-^)b
Commented by mifuri at 2010-03-10 13:23
こんにちは(^^)

うん、梅って「渋い」イメージだわ(笑)
いつも思うんだけど、ゴンちゃんのお母様は
何でも的確な答えを返されますね~☆
気持ちが良い位(笑)

今年もお父様の梅が綺麗に咲いたんですね(^^)
鹿児島で有名なしだれ梅の主が昨年亡くなり、今年は
昨年の半分ほどしか咲かなかったとか…。
梅って主に忠実なんでしょうか…。
一晩で太宰府の道真公の元へ飛んで来た梅と、
ゴンちゃんのお父様の梅も同じ気持ちなんでしょうね(^^)
Commented by kawagonta_y at 2010-03-10 14:15
mifuriさん☆
わが母ながら、スッキリするくらい的確に言ってくれるのが嬉しいです。たまに、そりゃちょっと見も蓋も無いなぁ…ってこと言いますが(^_^;)

しだれ梅、主を失ってしまったのですネ…可愛そうに…。
そう思うと、梅ってほんとに忠実なのかもしれませんネ。
もうずっと古木だから咲かないんだと思っていたけれど、父が大事にすると応えるように、咲いてくれましたから、きっとそうなんでしょうね(^-^)
お、我が家の「飛び梅」ですネ!父が聞いたら喜びますよ(^o^)/