風が吹くと気持ちいいですネ♪

目と目 手と手
同じ空気を真っ直ぐに感じたら
c0185858_1313377.jpg
笑って 笑って
話して もっと

怒って 泣いて
聴きたい もっと

想いを伝える言葉は
いつも 
心に当てはまらないけれど

あなたと会って
あなたを たくさん知れば
私は もっと
あなたを 好きに
なっていく。




 いい天気ですヨ…今日も。春だなぁ…なんて思っていたらもう、5月も真ん中じゃないですか。
早いなぁ…一日が終わっていくのって…。学生の頃は、授業が長く感じられたから一時間も長かったけれど、この頃はあっという間に過ぎちゃいます。
 ようやく衣替えをしかも夜中にした私ですが、皆さんはどうですか?
風邪などひいていませんか?

 昨日、数ヶ月ぶりに友人たちに会いに大阪の方まで行ってきました。二人は関西の人ではないので、私がしっかり道案内しなきゃいけないのに、なにせ奈良県でも自分の住んでいる範囲以外からはあまり出ないので、大阪チンプンカンプン。結局、お店の人や案内係の人に聞くことに。…やっぱりたまには出てこないとダメですね…。新しくなりつつある大阪駅を「スゴイなぁ…」なんておのぼりさん状態で眺めている場合じゃないですネ…。

 小学生の頃は、2クラスで58人くらいのほんとに小さな学校だったので、同級生は皆、友達って感じでした。けれど中学生になって、人が増えて皆とは言いがたい。でも、一度はそれぞれと話したことのあるそんな感じでした。高校生になった頃からでしょうか。友人というものは、同じクラスになったからみんな友達、って訳じゃないと思い始めたのは。もちろん、短大に入ったときも。はて?どうやって友達って作っていたのでしょうね?
 社会人になって「同じ歳=友達」という枠は小さいと気がつきました。つまり、気が合えば、自分より年上でも年下でも友達になれるんですよね。
不精な私は、はっきり申し上げまして、友人は少ないです。先日なんて…友人(イタリアへ一緒に行ってくれた13年来の友人)の誕生日、忘れてたし(涙)。もちろん、オメデトウメールしましたヨ!二日遅れですが…。
 c0185858_13195320.jpg
 ここ数年、こうしてブログを書いて、いろんな繋がりを頂いて、いろんな場所で友達が出来ました。もちろん皆さん、仕事をされていたり家庭があったりでなかなか直接会って、お話をするということは難しい。
今回会ったNさんとPちゃんも、それぞれ家庭があってなかなか何かの用事やきっかけがないと会えない方々。でも、やっぱり会ってお話しするっていいですネ。
私は、ほんとに話下手というか説明下手なのですぐに相手を混乱させてしまいます。なので、電話をしていても多分いつも相手の方は?が飛び交っているはず。それでも、こうして会ってちゃんと顔を見て同じ空間を共有していると、伝わっているように思います。まるで外国へ行ってジェスチャーでも通じた!という感じでしょうか?ちょっと言いすぎかな?
 友達と話をしている時間ってほんとにあっという間ですネ。ほんとは「あれも話そう、コレも話そう」なんて思っていたけどすっかり忘れちゃっているし、今から考えるとそんなに大したことじゃないんですよね。
 どうしても私は、私の人生、もしくは家族の人生しか分かりません。だから、ちょっと大変なことがあると「自分が一番大変なんだ!」なんて思いがち。けれど、そんなことないんですよね。それぞれにいろんな人生を歩んでいます。もちろん、その人にとってそれは一大事かもしれません。それは変わりないのです。けれど、一見物凄く仲よさそうな家族がいても、きっといろんな試練があったはず。今はバラバラに見える家族でも、ほんとに仲がよかった頃もあったはず。それを皆、表に出さないだけなんですよね。
 はて、そう気がついたのは何時頃だったでしょうか?学生の頃だったかな?友人たちと深く付き合うようになって、お互いを深く知りだした頃からかもしれません。もちろん、根掘り葉掘り聞く訳じゃないので、彼女たちが話してくれたことをただ、聴くだけ。だから別に彼女たちの全てを知っているわけではありません。けれど、小さい事ながらもいろいろあった私の人生。笑って話せるようになりました。だって、私は特別じゃない。
 はて?どなたが仰ったかしら?ある身体的に障害を持った方が仰いました。「私は、不自由だけれど、それが私には普通だし、決して不幸じゃない」と。なるほど。自分を「不幸のヒロイン」にするかどうかは自分の心次第ってことですネ。
 そうしていろんな友人たちの事を、聞いたり話したりしているうちに「やっぱりこの人たち、好きだなぁ…」と思うのです。きっと言いにくいことだってあるはず。でも、私ならと思って話してくれているかもしれません。私も同じ、こんなにも友人が自分自身のことを話してくれているなら、私も知って欲しいとなります。
あ!こうして友達ってなっていくんですネ。そう思うと、歳とともに「友達」というのは形を変化させていくのかもしれませんね。歳とか性別とか、住んでいる場所とか歩んできた人生とかそんな枠をいつの間にか飛び越えてしまうのかもしれませんね。
 
 今回の写真は、昨日せっかく友人たちに会ったのにほとんど写真を撮らなかったので、わが家の花たちの写真です。なんだか皆、同じ太陽に向かって咲いていて微笑ましくなりました。
 そして、とってもキレイだった昨日のお月様と星?肉眼で見るより月とか星って遠くに映っちゃいますね。ま、家庭用だからしょうがないか…。

 いつの間にか(いや不精だからですが)学生のころあんなにもたくさんいた友達との連絡も途絶え、携帯電話のメモリーにも使っていない番号が多くなりました。そのかわり、古くからの友人や社会人になってから出来た友人たちとは深く、付き合うようになったように思います。きっかけは様々。でも、きっかけなんてなんだっていいんですよね。それぞれに生活があるので、いつでも会えるって訳ではないのですが、また必ず会って何時間でもワイワイといろんな他愛のないこと話していたい人ばかりです。そしていつも、お互いを応援しあって、皆が笑顔でいてくれたらと願うばかりです。
 人それぞれ、その人の友達に対する考え方は様々です。けれど、コレが私のスタイル。そして、そんな私に友人でいてくれる友人たちを持った私は、幸せですネ。

                    
                         ところで、あなたは…。

                               ~ゴン~
                      
[PR]
by kawagonta_y | 2010-05-17 13:53 | いろいろ便り | Comments(2)
Commented by mifuri at 2010-05-17 20:48
うちの子達とその父も
昨日は同じ月を見てはしゃいでましたよ(*^_^*)

「友達」の定義って、その時その時で変わるよね。
うちの子達、唄と踊りのおかげで祖父母と同年代の
お友達がいますよ(*^_^*)

私も友達は少ない方だけど、本当に気の合う人って
何ヶ月も、何年も会わなくても全然距離を感じないんですよね☆

Commented by kawagonta_y at 2010-05-18 00:18
なんか面白いですよね!!
この写真じゃちょっと醜いんですけどね(^_^;)
今日ニュース見て知ったんですけどね、この星みたいなの「金星」だそうですよ!ビックリです!!

すごい歳の差ですネ~!!
けれど、同じ年頃の友達も楽しいけれど、全然違う歳の方と接するとほんとに、いろんなこと学ぶし楽しいですよね(^o^)/

もしかしたら、本当に気の合う人だけといつまでも繋がっていられるのかもしれませんね。
私も、いつから会ってなかったっけ?って思うくらい会ってなくても、あっという間にいつも会ってるみたいになりますヨ(^-^)0