春が早く来たと思ったけど…。

c0185858_23121229.jpg

人混みの中
君を待つ
充電切れの携帯電話が
僕を不安にさせていく
 
待ち合わせはいつもの時間 
時計の針は
とっくに 行き過ぎている
 
待つことが
こんなにもセツナイことだと
忘れてた
 
早く 君に逢いたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 ここ2、3日、とっても暖かい日が続いていました。
 奈良にいた頃はまだまだ寒くて、3月のお水取りが終わるまでは、春は来ませんでした。けれど、今年は別かな?それとも鹿児島が暖かいのかな?さすがにダウンやマフラーは暑くって、スプリングコートで充分でした。けれど、今日は一変。ダウンにマフラーです。
 こんなときこそ体調を崩しやすいもの。どうぞ、皆さんもお気を付け下さいネ。
 
 先日、歌手の中孝介さんのブログを拝見してますと、スマートフォンの話題が。便利、らしいですね。確かに興味深いものですが、私は今の携帯電話でも使いこなせていないので、きっとスマートフォンやiPhoneが主流になった頃に持つことになりそうです。
 
 私はネットもしますし、デジタル機器を色々と持っていますが、本人自身はアナログ派かもしれません。ダウンロードよりCD派ですし、本も電子書籍よりハードカバーが好き。買い物もネットは、どうしても見つからない時に使います。
 世の中は、随分と便利になりました。けれど、何がきっかけだったか忘れましたが、ふと気が付いたことがありました。それは、自分の足で「待つ」ことと「探す」ことを、余りしなくなったような気がします。
 一概には言えません。けれど、何もわからないまま、ただ待つということが無くなりました。待ち合わせに遅れそうなら携帯で連絡。荷物が遅れそうでもメールか電話ですぐに知らせてくれる。また、どこにいるのか分からなくて、闇雲に探すことも無くなりました。居場所は携帯で。物は検索で。
 とっても便利だし、スピーディーですネ。それに確実性と安心感がある!けれど、何か…余白のようなモノが無くなりつつあるような気もします。
 確かに不安やイライラはイヤだけど。待つ楽しみや会えたときの嬉しさ、思わぬモノを捜し当てたり、見つけたり。人、それぞれですが、私はまるで、友達と探検しているようなそんな買い物も好きです。
 森山直太朗さんの「昨日の君と今日の僕」という歌にこんな歌詞があります。
「便利になったはずなのに、世界はぼんやり暗いまま」
ほのぼのとしたメロディに、優しい歌声で、さらりと辛辣に歌ってらっしゃいます。そうですね、便利になったのだけど…。
 
 今日の写真は、街の花壇で見かけるポピー。
頭をもたげて、咲くときを待っているのですネ。咲いたら真っ直ぐ空を見上げてます。初めて蕾を見たとき、寒さで萎れているのかと思いました。でも違ってましたネ。
 なんだかお迎えを待ち疲れて、しょげてしまった幼い頃の自分を見ているみたいでした。やっと来たお迎えを、見つけて元気になった自分と。
 
 どんな機械でも、全て人間が作ったモノなんですよネ。つまりは、道具や良きパートナーとしかならないのですネ。だとしたら、自分のペースと感覚で、デジタルと上手く付き合っていくと、快適な生活が過ごせそうですネ。
 ちなみに私の友人は、個人の携帯電話に受付時間があります。ナイスアイディアですが、緊急のとき、困るんだけど…。ところで、私はスマートフォン云々の前に、そろそろ部屋にネットを繋がなきゃ!ですネ。 
 
    ところで、あなたは…。
      〜ゴン〜
[PR]
by kawagonta_y | 2011-02-08 23:12 | いろいろ便り | Comments(2)
Commented by mifuri at 2011-02-11 12:29 x
またまた寒くなったよね(>_<)

奈良も雪が積もってたね!!
インフルエンザがじわじわ流行ってるようだから
体調管理は気をつけて…。
一人暮らしで寝込むのって寂しいのよ~!!
Commented by kawagonta_y at 2011-02-12 16:12
こんにちは!

まさか、またこんなに寒くなるとは思ってませんでした(*_*)

ありがとうございます!
喉が怪しくなったら、すぐ風邪薬飲んで、たくさん食べて、すぐ寝るようにしてますp(^^)q
一緒に働いてる子も、一人暮らしの時に何度か寝込んだらしく「あれは…試練ですネ…おかげで、たくましくなりました(-_-)」と。
たくましいのはいいのですが、寂しいのは嫌なので、なんとかして寝込まないようにしなくてワ!ですネ(^O^)/