12月も終わりですネ…。

c0185858_157388.jpgそうだった
僕は 幸せだったんだ

誰かと比べて
僕には
持っていないものが 
たくさん ある
けれど
持っているものだって 
少しは ある

そう 僕はちっとも不幸なんかじゃない 

そうだった
あなたに見守られている僕は
幸せだったんだ。





  もう12月も…というか、今年も終わりですネ…。怒涛のような一年だったなぁ…。
そろそろ、インフルエンザの季節ですネ。先日、インフルエンザの予防接種をしようと病院の先生に相談すると「今、とってもいい薬ができていてね。熱が出てもすぐによくなるから」と言われたので「タミフル飲んでも絶対に大丈夫な歳ですから!」と言って先生と爆笑していた私ですが、皆さんは予防接種とかされていますか?

 以前、「大切なのは「気付き」だ。今起こっている事に気付けるかどうかが大切なのだ」という内容の文章を読んだ事があります。とってもいい内容だったのに、それが何処にあったのか、誰が書いたのかもしくは、誰が言ったのか、すっかり忘れてしまいました。
 前回、奈良から帰ってきて以来、忙しい日々が続いています。私的なことというよりも仕事に追われている感じ。すると残念な事に、自分の中のあらゆる余裕がなくなってきていました。上司から受けた内容もマイナスに受けてしまったり、些細な事でイライラしたり。いつのまにやら「自分のせい」ではなくて「他人のせい」にしてしまっていたのです。
 そんなこんなで先日、凹んでいる私に久しぶりに友人Pちゃんから電話がありました。お互いの事をひとしきり話した後、彼女は「ゴンちゃん、大丈夫だよ。ご両親はご健在なんだし、それに私もどんなことがあってもいつでも応援しているからね」と言ってくれたのでした。
そうでした。私には「頑張っておいで」と言って元気に見送ってくれる家族もいるし、応援してくれている友人たちがいるんだった!決して忘れていたわけじゃないんですけどね。ただ、皆、何も無い平穏な生活の中で応援してくれているんじゃなくて、それぞれにいろいろな事を抱えながらも、なおかつ私のことを応援してくれているんだった!と思い出したんですよね。ありゃ、やっぱり忘れていたのかな?
 で、気付いたんです。「考え」も視野を広げなくては、と。なぜそうなのか、本当にその方法がベストなのか、その真意はなんなのか、と。そうすることによって、別の方法が思い浮かぶかもしれない、新しい何かに出逢うかもしれない、と。

 今日の写真は、どんぐり。いつもの公園を散歩していたら、海辺に似つかわしくないものを発見。なんとどんぐりの木が植わっていて、無数のどんぐりが落ちている事に気がついたんです。落ちているどんぐりが全部芽を出したら、と考えるとちょっと怖いですが、でも、どんぐり、かわいいですネ。

 何かに「気付く」き、発見する向こう側には、ショックが待ち受けていたり、喜びがあったり様々ですが、そのどれであったとしても「気付く」前から考えると、一歩前に進んでいるんですよね。その一歩をマイナスに進めるかプラスに進めるかは自分次第だけれど…。
「気付く」事に「気付いた」ことによって、考え方の方向転換ができたように思います。気付かせてくれた人が「伝えたかった事」にもなんだか少し、触れられたようにも思うのです。「気付いた」後に、プラスへと進めていくのも大変なんですけどね。
ちなみに、睡魔に襲われながら書いている今回の便り、文章にまとまりが無い事に今「気が付き」ました。これをどう、プラスに持っていこうかしら…。あぁ…今年最後になるであろう便りがウダウダになってしまった…。ま、考えがまとまらない上に、睡魔に襲われかけているときには「便り」は書かない方がいいって事に気が付いただけでもよしとしよう。


                      ところで、あなたは…。

                         ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2011-12-28 02:07 | いろいろ便り | Comments(0)