ついに梅雨入り!らしいですヨ。

「この道は いつか来た道…」
同じフレーズを 何度も繰り返し
c0185858_167066.jpg「この先 どうだっけ?」
立ち止まる 真顔のあなた

久しぶりの故郷
陽射しは すでに夏
緑は 日ごとに色を増し
垣根向こうの庭は 華やいでいる

「この先の角を曲がれば 私の実家よ」
呆れた 私
「唄の 続きだけど…」
目を丸くする あなた

誰もいない道に
二人の笑い声だけが 響いていた
あなたと私の笑い声が 重なるのは
いつ振りだろう

梅雨のはじまり
少し 雨雲が漂う空に
c0185858_1711095.jpg私の中の何かが 溶けていく

「アカシア」の花は
咲いていなかったけれど
スミレが風に 揺れていた。





 c0185858_1684844.jpg
 先日、ついに九州南部も梅雨入りし、昨日?一昨日?東海地方まで梅雨入りしたようですね。しかし…梅雨入りって明確な何か規定ってないんですかね?その九州南部が梅雨入りしたときのニュースですが。「九州南部も梅雨入りしたようだ」という大変アバウトというかあやふやな感じ。私は、天気に左右されることを何もしていないので、いいのですが。関係ある人「そんなアバウトな!!」って突っ込んでそう…と思ったのでした。しかし、ウン十年生きてきて初めてです。梅雨を喜ぶのは。雨が降っていてくれる方が、灰が流されるし、舞わないので…。降りすぎるのも困るんですけどネ。ジメジメした季節が始まりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
 c0185858_1693810.jpg
 どの県にもそれぞれの色、というか、街の風景があると思います。私が育った奈良はどちらかといえば、古墳や仏教・神教が多く、そのほかは町家や農業的な建物や地区が多いところでした。ところが、鹿児島は主君島津公がいらっしゃっただけあって武家の街。そんなちょっとした違いが、私にとっては鹿児島へきた楽しみでもあるのです。
 前回、お話した知覧の武家屋敷庭園群。時間の関係上、ちょっと足早に拝見したのですが、キレイでした…。庭や風流に関して、とんと知識がないものですから、あれは〇〇に見立ててと解説してくださっているのですが、よく分からず、ただただ「なるほどなぁ…いや~キレイだ」としか言葉が出てきませんでした。
  c0185858_16102665.jpg
 初めて見たのに、懐かしい気持ちになる。初めて聞いたのに、どこかで聞いたことがあるような気がする。そんなことってありませんか。以前もそんな話をしたことがあります。あの時はmifuriさんの娘さん達のお師匠さんのお話やサラエボの歌手ヤドランカのことを話したと思います。私は、いろいろな宗教の難しいことは分かりませんが、こんなとき「やっぱり生まれ変わりとか、魂の再生ってあるんだろうな・・・」なんて思うのです。
  今回は、その知覧の武家屋敷庭園群。もちろんお庭もキレイなのですが、おススメは「道」です。この道を見たとき、私は「懐かしい…」って思ったんです。先に話したように私は、初めて知覧に行きました。生まれ育った街は、宗教色の強い土地柄。もしかしたら、今まで訪れた何処かの街に似ている…?とも思ったのですが。特に記憶にありません(忘れているだけだったりして…)。多分、なにかの雑誌やテレビで見ているのかもしれませんが、それでも、私にとって初めて見た場所を「懐かしい」と思ったのでした。
  c0185858_16105460.jpg
 今日の写真は、その道。天気は、雨雲とお友達なので、バッチリ曇り(時々小雨)でした。道を歩いている間、童謡「この道」をずっと、口ずさんでました。一番しか知らないんですけどネ。ところでお庭はね、撮ったんですけどね。スケールが大きいので、イマイチ私の腕前では良さが伝わりませんでした・・・。なのでお庭の外を、撮る事に。生垣もきちんと手入れされていました。ちょうど、庭師さんが作業をされていて、石組みの一つ一つを刷毛で掃除し、残す草、除去するものを選別しながらされていました。全く草も花も咲いていないと、風情が無いですもんね。ありすぎると、汚らしいんですけど。あと、気がついたのですが。4枚目の写真。実は生垣に植えてあったのですが、どうやら…お茶の木のようです。違うかな?遠い記憶ですが、お茶の木ってこんな感じだったような…。高いところに植えてあったので、わかりづらいですネ、すみません。道も庭も素敵ですが、「お!」と思うのが、玄関。4枚目の写真がそれで、門をくぐったところです。今まで、あまりこういう玄関を拝見したことがなかったので「カッコイイ!!」と感激していました。辻にはお地蔵様?道祖神?がいらっしゃいました。そして最後は、グミの実。真っ赤に色付いているのが可愛かったので。
  c0185858_16111866.jpg
 何かを守り続ける、ということは、根気がいることですネ。知覧の武家屋敷は、ほとんどの屋敷が現在も、住居としてお住まいになっています。なのでちゃんと表札もかかっています。知覧に限らず、日本中に「歴史的価値」のあるお宅に住んでらっしゃる方がいます。それぞれに、難しいことや苦労もあるでしょうね。そりゃ便利な機能が沢山付いている家って魅力的ですもんネ。けれど、そうして受け継ぎ守ってくださる方がいるからこそ、新興住宅に生まれ育った私なんかが「日本の記憶」に触れることが出来るんだな、と思うと、本当に有り難く思うのでした。
 しかし「価値」というものは、現代に暮らす私達が勝手に決めたもの。だから人それぞれ、その「価値」は異なってくると思います。そう思うと、もしかしからどんなものでも「価値の無い」ものなど、ないもかもしれませんネ。どれも、意味があって、必要だからこそ生まれ存在するのだから。
そうそう、知覧の武家屋敷の「道」。「日本の道100選」モノでしょう!!と思ったら、やっぱり選ばれていました。あの道はきっと、私だけでなく、たくさんの方も「懐かしい」と思ってらっしゃるんでしょうね。と、するとあの道は、「日本のふるさと」なのかも、しれませんね。
 ちなみに、最近、私のPC(思いのほか老体)の機嫌が不安定なので、「写真館」にアップすることがままならず、便りに沢山、写真を載せてしましました。少々読みづらい(見づらい)かもしれませんが、ご了承くださいネ。



                     ところで、あなたは…。

                      ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2012-06-09 17:05 | いろいろ便り | Comments(6)
Commented by mifuri at 2012-06-14 12:21 x
ゴンちゃん♪

ここにコメントするのすっごく久しぶりだわ~(>_<)

知覧に行ったのね。

私が行ったのはもう20年以上前です…。
いつか娘達をゆっくり連れて行こうと思いながら
なかなか…(^^;)

感受性が若いうちに連れて行かなきゃ、ですね。


錦江湾公園も長女が赤ちゃんだった頃行ったきり。。。

ゴンちゃんのブログは
改めて自分の住んでる所の良さを教えてくれます。

Commented by kawagonta_y at 2012-06-15 00:57
こんばんは!!

そうなんです、ようやく市内を出て、知覧に行きました(^o^)/
思いのほか近いですネ~
山道は、軽自動車なので怖かったけど(特に下りが…)行く間も楽しかったですヨ♪

でも、道に…迷うんですよネ、私(^^;)
錦江湾公園へ、行くときも違う道走ってたし、先日は吉野公園へ行ったのですが。行きは看板が出てるからいいんですけど、帰るときに迷ったし(-_-)
ま、無事、行きたいことに着いたし、帰ってこれたからOKなんですけどね(>_<)b

きゃ~うれしい♪ ありがとうございます!!
よし、どんどん出かけよう!!
次は、どこに行こうかな(^O^)/
Commented by つむぎのにし at 2012-06-17 15:24 x
こんにちは~!
今朝、鹿児島から戻りました。
梅雨時期の鹿児島は、大変ですね。
晴れたら、灰が舞うし、雨が降ったら道路の灰がぐちゃぐちゃだし・・・今回は、「ごんちゃん、がんばって~!!」と、つくづく感じた鹿児島遠征でした。

知覧には、大会で、5年くらいまえに行きました。懐かしいですねぇ。
知覧って、独特の雰囲気がありますよね!

今度は、ゆっくりいってみたいですねぇ。
Commented by kawagonta_y at 2012-06-18 00:07
こんばんは!!

お疲れさまでした(^o^)/
今回は、大雨警報まで出て先週と今週と雨続きでしたネ…。
でも、大雨のお陰で灰まみれの車が、きれいに洗い流されてました(^^;)v
去年も、なかなかな灰の降りっぷりでしたけど、今年はそれを上回りそうな感じですね…。
私ひとりでまだ灰掃除に、あたふたしてますが、みなさん慣れた感じで掃除されているのを見て「流石やなぁ…」って思ってます(^^;)

知覧と鹿児島市内ってまた違った雰囲気を持ってますね!
私も曇りだったし、足早だったのでまたいつか、ゆっくり行きたいです♪
Commented by mamaten at 2012-06-20 01:08
知覧、という地名は特攻隊で知っていても行ったことないです。町の雰囲気モいいですね。本州とは違った雰囲気があるように思います。
特攻隊に関してはわが県内にも関連した記念館があるようですが、行ったことがありません。というか、あることすら知らなかったのですけど。お恥ずかしい…

ただ今、台風通過の真最中。暴風雨です。
これに灰が加わると想像するだけでもすごいですね。
慣れない土地で大変だと思いますが、お気を付けくださいね。
次の台風も接近中のようですから。
この雨と風で被害が出ないといいのですが。
Commented by kawagonta_y at 2012-06-21 23:48
こんばんは!!

私も、鹿児島へ来るまでは知覧という地名を「特攻隊」でしか、知りませんでした。お茶も名産だというのも実は知らなくて、奈良だと静岡か、宇治、それに地元の大和茶ばかり。でも、鹿児島は静岡に次ぐお茶の名産だそうです。
特攻基地というのは、全国にあるのですネ。私は奈良にいる頃、県内でほとんど戦争に関するものに触れずに育ってきたものですから、情けないけれど、今さらながら勉強をしている感じです(^^;)

4号が過ぎ去ったと思えば、5号が低気圧に変わり、今日は一日中、なかなかの土砂降りでした。すっかり駐車場の灰も流され、キレイだったけれど、鹿児島でも土砂崩れで被害を受けているところがあったようです。
「例年ではありえない…」という自然災害が多くなってきたけれど、例年がどんな感じだったかも、どんどん忘れてしまうくらい、いろんなことが起こりますね。
これ以上、災害が起きないことを祈るばかりですネ…。