台風の後は晴天ですが、暑い…かも。

先ほどから
c0185858_1745486.jpg必死になって説明する僕を横目に
君は 鬱そうとした木立の向こうの
あの水音の主に 全神経を注いでいる

濡れた階段を登りきった その先
久しぶりの空が
ここには あった 
そして 滝は 
そこに いた

ふたり 息を のむ

語りだした僕の言葉を遮るように 
君は ただひと言
「キレイ…」と つぶやいた

そうだね…
僕が語る
膨大な うんちく や
どんな賛美の言葉よりも
君の そのひと言が
今は一番 ふさわしい。






  立て続けに台風はやってきて、そして消滅していきましたね。4号よりも熱帯性低気圧に変わった5号の方が、すごい雨音を立てていました。和歌山では、浸水被害が大きいようですね。今の時期田んぼの稲は、少々なら水に浸かっても復活すると昔、聞いたことがありますが、それもすぐに水が引けばのこと。一日でも早く以前の状態に近づけることを祈るばかりです。市内でも山や川の近くに住んでいない私は、特に被害を受けることも無く無事でしたが、皆さんは大丈夫でしたでしょうか。夏もまだ始まったばかり、毎年ながらこの先が心配です。
 c0185858_1752476.jpg
 先日、ちょっと用事があったので、鹿児島市のお隣、姶良市(あいら)へと行ってきました。市内から約40分ほど。高速道路を使えばもう少し早いのでしょうが、高速に不慣れな私をひとりで走らせるのは危険です。なので、下道を通って行きました。場所は、鹿児島県の足の左側が鹿児島市内側、右が垂水市側とすると、その中間あたりに姶良市、霧島市はあります。
 前回の知覧のときも思いましたが、鹿児島って…面白いですネ…。姶良市は、知覧や鹿児島市内とはまた違う、広々として、山よりも田畑が多い、そんな感じの場所でした。もちろん、街もキレイでしたよ。なんだか…奈良の地元に似ている気がします。奈良はもっと、狭いけど。
面白い!と、言ったものの鹿児島県に来て伺ったのは市内を入れてまだ、五つの地区しかないんですけどね。でもそれぞれに違う、そんな気がしたのでした。
 c0185858_1755279.jpg
 私は、単純な人間です。特に博学でもないし、上手く言葉を口に出して表現できる方でもありません。なので、逆に上手い具合にその良さを伝えられるってすごいな、と思います。そうですね、ソムリエのように。
 地元で仕事をしているとき、一度、業者さんにお酒は飲めないが鼻は利くほうだと話したら「ソムリエールになったら?」と勧められたことがありました。けれど、説明下手のうえ、味見をしてもいつも「美味しい!!」と言う私には無理です、と丁重にお断りしたことがありました。なにがどう美味しいのか、言葉で伝えるって…難しいですネ。お客さんやゲスト側なら「美味しい!!」が私にとって一番の嬉しい言葉ですけど、勧める側では、それじゃダメですもんね。あんまりマニアックな話をしても、普通の方なら逆効果ってこともありますしね。言葉って…難しい…。

 今日の写真は、姶良市にあります「龍門の滝」。せっかく姶良市に行ったので、時間もあったし行ってまいりました。この「龍門の滝」というのは日本各地にあるそうなんですが、ここ鹿児島もそのひとつ。この滝は「滝100選」に選ばれているそうです。行った日はもちろん、曇り。しかも台風4号が去った後に行ったので、すんごい水量。そんな台風の去った次の日に来る人は地元の方だけなようで、誰もいませんでした。遊歩道がきれいに整備されているそうなんですが、階段が濡れていて、台風で木々が色んな方向を向き、道を塞いでいたので、展望台までで諦めました。流石に人通りも無く、水かさも多い滝に近づくのは、怖いですネ。
 滝自体はほんとに豪快でした。滝つぼに落ちる水が、まるで生きていて踊っているみたいに渦を巻きながら、しぶきを上げているのをずっと見ていました。おかげさまで蚊に咬まれてしまいましたが…。こりゃ見せたい!と思って撮ったのですが、連続して見ないとあんまり伝わんないので、やめました…。2枚目は、まだ階段を登る前に見つけた石碑と一緒に。3枚目!すごいでしょ、駐車場からすでに見えてます。最後は、川の対岸に咲いていたデイゴ(多分)の花でした。
 c0185858_176921.jpg
 人にはそれぞれ得意、不得意があって、上手く言葉で表現できる人、出来ない人。すぐに出来る人、時間がかかってしまう人、いろんな方がいます。いつからか、時間に追われるように、思っていることをすぐに伝えなくてはいけない、上手く表現しなくてはいけない、そんな風に考えてしまうようになっていました。上手く伝えられない私は、焦るあまり逆効果なことや傷つけてしまうこともしばしば。出来ることなら、伝えないよりも伝えた方がいい。もちろん、相手に知らせない方がいいことだってあります。けれど、言わなければ伝わらない。
 そうですね、私は伝えるのに時間がかかるので、相手にいろんな思いをさせてしまうけれど、せめて逆の立場のときは、例えその言葉がとってもシンプルだったとしても、相手がきちんと伝えられるまで、待とうかな?なんて思ったりもするのでした。っていっても、思いのほか短気なんですけどね、私。


                     ところで、あなたは…。

                       ~ゴン~
by kawagonta_y | 2012-06-22 17:23 | いろいろ便り | Comments(0)