やっぱり夏は暑い…ものですネ。

 君はきっと 知っているc0185858_16373276.jpg
何よりも 一番美しいものを

    シンプル イズ

     「美しい」

     イコール

     「自然」。







  今週、ようやく鹿児島も梅雨明けしました。明けるときも「九州南部も梅雨明けしたらしい」というなんともアバウトな明けかたでしたけど…。しかし、明けたとたん(いや九州以外の方はもう少し前から梅雨明けしていましたが)猛暑の連続ですネ。節電に、猛暑。なんとも辛い現実ですが、節電は「我慢すること」ではなくて、「必要のないものを節約すること」です。今、この暑さの中、クーラーの電源を入れることは必要なこと。でも設定温度を下げすぎて、ひざ掛けや上着は「必要のないもの」。上手く猛暑と、節電を乗り切りたいですネ。
 鹿児島の夜は意外に涼しい夜もあるのです。けれど、先日桜島が爆発的噴火して、また街中が灰まみれになっているので窓は開けられません。どのくらいかというと、私の車の塗料が何色だったか分からないくらい。そうですネ、車好きの人が見たら、卒倒して倒れてしまうかもしれません。なので、しばらく風が涼しい夜でも、クーラーを点けて過ごすことになりそうです。皆さんは、どんな節電をされているのでしょうか。
 c0185858_16413153.jpg
 人の好みってのは、ほんとに様々です。例えば服。私の姉は、総柄のものが好き。でも、私はシンプルなものが好き。ほんとに、様々です。「美しい」と感じるものも様々。ベルサイユ宮殿のあのきらびやかな部屋が好みの方もいらっしゃるし、桂離宮の感じがいいって方もいらっしゃる。もちろん、どちらもキレイなんですけどね。そういえば、こんな話もありましたね。千利休と豊臣秀吉のお話。
 茶の祖「千利休」の庭にキレイな椿が咲き揃ったと聞いた秀吉が、その花を愛でながら茶を楽しみたいと、庵に向かうと庭の椿の花が全て無くなっている。そして、一輪の椿が茶室の花器に活けられていた。これが「わびさび」であり「美しさ」だという利休。それに怒った秀吉が、利休に切腹を命じた、という有名なお話。
 金襴豪華が好みの秀吉と「わびさび」を求める利休。どちらも美しいのだけれど、好みで人生って変わることもあるんですネ。もっともそれ以前から利休と秀吉の仲がよろしくなかった、とのことらしいですけどね。

  皆さんにとって、「美しい」と感じるものはなんですか?花、滝、夕陽、朝日、宝石、海、空、星空、虹・・・沢山ありますが、きっと多くの方が「美しい」と感じるものが、「自然」に繋がっているように私は、思います。それは、人間も自然の一部だからなのかも、知れませんね。けれど、不思議なことに「自然」というものは「シンプル」なものですネ。花にしても夕陽にしても海にしても、それらに色んなものが装飾されているわけではありません。個々を見て「美しい」と感じるんですネ。
 面白いものですネ。アクセサリーで豪華で「美しい」とされるものは、ほとんどが何種類もの石を沢山使い、きらびやかで沢山の光を放っているのだけれど、皆がみな、それを「美しい」と言う訳じゃない。好みですから。でも、太陽が沈むという、とってもシンプルな情景を見て、世界のほとんどの人は「美しい」と感じ涙まで流すこともあるのですから。
 c0185858_16383497.jpg
 今日の写真は、またまた福岡で撮った写真。私、水玉が好きです。模様じゃないですよ。あ、模様も好きですけれど。そうではなくて水滴、雫、です。特に、葉っぱや花びらに乗っかった水玉が好きです。しかも、自然に乗っかったのが。で、出逢っちゃいました。あるお寺を歩いていると、砂利道に一枚だけ落ちていました。周りは屑ひとつ無くキレイに掃除されているのに、この一枚だけ、道の真ん中に落ちていました。…キレイ・・・カワイイ。お次の写真は、別のお寺で撮った蓮。前回の睡蓮と同じお寺です。やっぱり蓮は、いいですネ…。そういえば、鹿児島市内の鶴丸城跡のお堀にも蓮があったなぁ…。最後は、その前回の睡蓮。

 自然災害が頻繁に起こるようになったのは、いつ頃からでしょうか。私が、体験したのは阪神淡路大震災から。日本は自然災害の多い国。農耕民族だったこともあり、日本人は自然を受け入れ、ともに歩むことで出来上がった文化だと聞きます。逆に狩猟民族の多い西洋は、自然を制することで出来上がった文化だそうです。どちらもその場所に適した文化。
 私は、自然の恐ろしさと、美しさを感じ「自然にはやはり、敵わないな」と思うのです。いやきっと、立ち向かうのではなく、寄り添うことが一番、適しているのかもしれませんね。昔の人が何千年も続けてきたように。だから、桜島のドカ灰にも、文句なんて言いませんよ。たぶん、しばらくの間はネ(笑)


                  ところで、あなたは…。

                       ~ゴン~
by kawagonta_y | 2012-07-28 17:39 | いろいろ便り | Comments(0)