スッキリしない天気が続いています。

頬をつたう ひとしずく
c0185858_2394982.jpg
きっと この想いが
カタチを成して
水に 還っていくんだね

嬉しさも 悲しさも
苦しさも 喜びも
カタチを成さないけれど
私から生まれたもの

溢れ出た想いが
ギュッ集まり 水に成る

そう 私たちは 
水で できている

頬をつたう 一筋きらり
誰かが名づけた
「涙」が 零れた。





12月ももう少しで終わりですね。というか今年が、終わりますね。最近もなんだかんだで、あわただしく過ごしている私ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。今年はありがたいことにあまり風邪をひいていません。ノロウイルスにも勝ったようで、あれ以来お腹の不調もありませんしね。このまま新年を迎えたいものですが、皆さんは、風邪ひいていませんか。

 c0185858_23105073.jpg先日、何気なしに文章を眺めていました。すると「漢字」が気になりました。そういえば、英語とかの単語って語源が変化して単語になるけれど、「漢字」は象形文字という変化を遂げて成り立っているものもあるんだよな…なんて、さも賢そうなことを考えていました。
 実際に私たちが使っている漢字の成り立ちなんて、ほとんど知りません。いっとき、語源を知ることが流行った時がありましたが、学校で習った記憶もほとんどありませんね。

 ときどき新聞やネットのニュース欄で目にするのが、「間違ったことわざ、慣用句の使い方について」。たとえば、「情けは人の為ならず」とか「割愛する」など。本来の意味から少しずつ離れた意味が浸透していたり、間違って使われているようです。私もそのうちの一人ですが。
 学生の頃の国語って、どんな勉強していたのか、実は思い出せません。多分…教科書に載っている物語や文章を読んで…ひも解いて…だったような。あと文法?も習ったような…。年々、間違った言葉が指摘される機会が多くなっているなら、こういう言葉の成り立ちや漢字の語源を習うってのも楽しそうですね。英語の勉強もいいけど、母国語もちゃんと知った方がいいかもしれないですね。

 今日の写真は銀杏。モミジも好きですが、私は銀杏派です。形と色がかわいい。モミジの燃えるような赤もいいけれど、銀杏のこのかわいらしさがもっと好きです。甲突川沿いの銀杏は、すっかり散ってしまっていたので、フラフラと街を銀杏求めて走っていると、発見。鶴丸城の近くにありました。交通量の多いところですので、流石に恥ずかしかったけれど、一年に一度しか見れないですからね、撮ってきました。もっとキレイに撮れたらよかったのですが、こんな感じになりました。花壇の色と下木の色とが銀杏の色とあっていて、とっても綺麗でした。

 c0185858_23133193.jpg「涙」の語源は、謎のまま。ネットで調べてみたのですが、いろんな説があるようですね。けれど、この文字自体を直訳すると水に戻る。ナミダは水に戻るって不思議な感じ。体内の80%近くが水分だという人間。そんな人間から流れ出た涙。なにか語源に関係ありそうな気がしますが…。それはともかく、思い切り泣くとすっきりするのは、涙に想いが詰まっていて、一緒に流れ出るからかも、しれませネ。
 
 ふと自分の国の知らないことに触れたこんなときは、恩師の言葉がよぎります。「真の国際人とは、自分の国のことをきちんと知り、話せる人のことを言うのだと思う」と。私は、到底国際人にはなれないけれど、日本人として、まだまだ知らないことがたくさんあるんだな、なんてネットのゴシップニュースを眺めなら思ったのでした。
 


                          ところで、あなたは…。

                            ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2012-12-17 23:21 | いろいろ便り | Comments(4)
Commented by かよ at 2012-12-18 16:42 x
ほんと 日本語は不思議なことばかりです。

涙にしたって 泪という字もあるし びみょーな感情のちがいで 漢字も変わる みたいな。。。
そんな奥深い言葉を持つ国に生まれた私たちは もっと正しく美しい日本語を使わないといけませんねf^_^;
なぁ~んて 思うのですが 娘と話してると 歳を忘れます(・_・;)
Commented by kawagonta_y at 2012-12-19 23:32
こんばんは!

日本語って、ほんとに奥が深いなって思います。
日本語を母国語にしているから、大変だと思わないけれど。勉強しようと思ったら、かな、カタカナ、漢字、ローマ字を覚えなきゃいけないって、大変ですよね。しかも古語なんか出てきた日にゃ、何語?みたいな感じですしネ(^_^;)
でもその分だけ、「表記すること」は目から受けるイメージも考えているような気がします。

私も、このブログでなんやかんや言っていますが。普段は普通の関西弁(たまに鹿児島弁)の人ですヨ(^_^;)
Commented by かよ at 2012-12-20 08:37 x
奈良の言葉は こてこて大阪弁とは 違うでしょう?
大阪のまわりの関西弁って ちょっとやわらかで 好きですよ。
未だに鹿児島弁は わからないとこありますがf^_^;歴史を考えると 一種の暗号化された言葉なのかなぁと思います。
Commented by kawagonta_y at 2012-12-22 00:36
ありがとうございます!
実は県外の友人にも、思いのほか関西弁が柔らかでイイね、って言われたことあります。
私が思うに、大阪の人であっても、テレビで芸人さんが話す関西弁とは少し、違うかもしれません。お住まいの場所にもよりけりだろうけど(^_^;)
それに、私が慣れてしまっているだけだったりして…。

そうなんです!
鹿児島弁は、関西とはイントネーションが逆なんです!
噂では武家社会の頃、藩以外の人間には、わからないようにするために広まったということも…。
でも、じっくり聞くと、きちんと成り立ちや意味があり、なんだか心温まります(^^)b