1月も半分になりましたネ!早いなぁ…。

二上の山の端(は)に 輝く夕日
冬の奈良は 芯まで寒い
c0185858_0502022.jpg
想い出に会いたい私に付き合って
あなたは 私の少し先を
ゆっくり 歩く

あなたの背中を いつも見ていた
あなたの懐に 
いつも抱きしめられていた
だから 私は
今も 頑張れる

「元気なら それでいい。」
あなたは ぽつり呟いて
振り向きもせず 
ゆっくり 歩く

藍色の空には 一番星
田畑を駆けてきた風は
頬を刺すけれど
私の心は あなたの心で
優しくて 温かくて 
柔らかかった。







 そういえば今日(もう昨日ですね)は成人式だったんですね。懐かしいなぁ…もう、十数年前の話です。あの頃は子供が多くて、着付けは朝早く、ヘアーメイクなんかは前日の夜からでした。今はすっかり賑わいも落ち着き、その日の朝、着付けと一緒にメイクもしてもらえるそうですね。20歳のキミ、おめでとうございます。権利と義務は2個1です。だから、権利ばかりを主張する大人には、ならないで下さいね。そして、20歳のキミの親御さん、お疲れ様でした。人生の先輩に申し上げるのは大変恐縮ですが、親御さんが育てられたお子様です。大丈夫、きっと親御さんのような大人になってくれますよ。
 せっかくのめでたい日だったのに、関東のほうでは大雪だったようですね。実家に用事があり電話をしたら、奈良でも積雪があったようです。雪に慣れている方、慣れていない方、どうぞお気を付け下さいね。

 c0185858_0514842.jpg先週もちらっとお話ししましたが、年末年始は奈良で過ごしておりました。実家は今、水回りをリフォーム中です。私が帰った日はちょうど、キッチンと洗面所が出来上がった日でした。母は嬉しそうに「ちょうどいい時に帰ってきてくれた♪」と言ったけれど、私は内心「しまった…。」と思ってしまいました。なぜなら、キッチンから追い出された冷蔵庫、テーブル、調理器具等々が山盛りリビングで待機していたから。私、鹿児島の自分の部屋の大掃除もままならないまま帰省したのに、実家で筋肉痛になるほど大掃除をしました。ま、日ごろ出来ない親孝行をした、ってことなんですけどネ。
 父と母は、面白いくらい正反対の性格をしているところがあります。父は学生の頃の本も捨てられない人。母は、いらないと思えば、今使っているものも捨ててしまう人。遺伝子は嘘を付かない、とお話したことがあります。我が家の3兄妹で、母の性格を得たのが私。そして父の性格を得たのが姉。両方得てしまったのが兄。3人の部屋がそれを物語っています。今回の大掃除でも、私と母が片づけると処分するものが多く、片づけも早かったのです。が、姉や父がすると、右から左状態…。普段は父のように物を捨てられない兄ですが、スイッチが入り、自分の部屋をほとんど空っぽになるくらい処分したのでした。

 今日の写真は、ふらりと自転車で散歩に出かけた時の写真。鹿児島から少し北に上がっただけなのに、奈良の夕方5時は、かなり暗くなっていました。これは、4時過ぎの夕焼けです。二上山(にじょうざん)とは奈良県と大阪府の県境にある山で「ふたかみやま」とも呼び、万葉集にも出てくるそうです。写真では右端のラクダのこぶのような山が二上山です。
 久しぶりの奈良の風はやっぱり冷たくて、鼻の奥、肺まで痛くなるようなそんな風が吹いていました。そして最後は、散歩中に見つけた野花。寒いけれど、春は確実にやってくるから、そう言ってくれているような気がして、嬉しくて撮っちゃいました。

 c0185858_0534080.jpg歳を重ねるごとに、ヒシヒシと感じることがあります。それは私も含め兄妹たちが父や母に、似てきたということ。奈良に帰省する前に、髪を切ったときのことです。鏡に映っている姿が、あまりにも母に似ている自分を見て驚きました。きっと髪型や背丈が似ていたということもあるだろうけれど、実家に帰って姉や兄、父にも「そっくり!」と言われました。母はちょっとはにかみながら、苦笑いしていたけれど。そして久しぶりに会った兄や姉を見ていて、ひとつひとつの仕草や話し方、考え方など「なんだかお父さんと同じ。」とか「あ、お母さんもやってた」なんてことが、多かったように思います。こうして少しずつ形を変えながらも私たちは、姿だけでなく性格や考え方で先祖の面影を今に伝え、後世に残しているのかもしれませんね。そうそう、これまた久しぶりにあった従妹が、叔母さんと間違うくらい、そっくりになっていたのも驚きましたが…。


                             ところで、あなたは…。

                                 ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2013-01-15 01:12 | いろいろ便り | Comments(2)
Commented by かよ at 2013-01-15 14:19 x
ふとした時の笑い声とか。。。。
母に似てきたって 兄に言われました。自分でも たまに はっとします(^_^;)

体型とか 似るっていうけど それは嫌だなぁ( ̄∀ ̄)って 思いながら 順調に育ちつつあります。
もっと 歳を重ねると 両親の面影が 自分や兄弟にみられるようになるんでしょうね。
遺伝子の為せる技ですf^_^;
Commented by kawagonta_y at 2013-01-16 00:00
社会人になったころから、電話の声が似ていると言われていたけれど、すでにその域を超えましたネ。

今はまだ、両親とも健在だけれど、いつか失ったとき、兄や姉を見て思い出すのかもしれませんネ、ってちょっと悲しい話だけれど(^_^;)