あら、もう年末ですね…。

長い長いトンネルを抜けて 今
久しぶりの 光を受けた
c0185858_1517364.jpgこの道は 幾度も 
これを繰り返す

君は目を細め 遠くを眺める
そこは 新しい世界
誰かが 息づき
誰かが 暮らす
誰かの世界がある 場所

君は不意に
「この道は 人生と同じだな」
そう 呟いた

再び トンネルが始まった
ほの暗い道の その向こうには
新しい光が 輝いている。









 お久しゅうございます。約一ヶ月ぶりくらいでしょうか?皆様はお元気にされていましたか?私はぼちぼち元気にしていましたが、4,5日ほど前から風邪をひきました…。
先日、この風邪を見てもらうために、かかり付けの病院へ行くと先生も風邪をひいてらっしゃいました。何かと忙しい先生ですので疲れが出たようです。…お医者さんが風邪ひいたら誰が診るんだろう?なんて思いながら、風邪薬を処方してもらいました。
インフルエンザにノロウィルス、いろんな病気が流行ってきています。皆さんもお気を付け下さいね。

 c0185858_15122827.jpg12月に入って、ほんとに慌ただしい日々を送っていました。プライベートもお仕事も。12月の頭には直太朗さんのコンサートへ福岡まで行ってきましたし、友人たちと早めの忘年会をしたり。先週には「今しかないから」と出雲、伊勢へと社員旅行に行ってきました。そんなこんなで「便り」が先延ばしになってしまった言い訳でした。

 「今しかない」と言って上司が社員旅行を勧めて下さったのは10月。全員で行くのは仕事があるから難しい、と言うことで女子社員だけで行ってきました。なぜ、「今しかない」のか。それは今年が出雲大社と伊勢神宮の式年遷宮の年だったから。で、未婚者ばかりの女子社員に「出雲大社でお願いしておいで」と忙しいのに送り出してくださいました。
 予定では11月に行く予定でしたが、ツアーがもう満席になっており、12月の中旬になってしまいました。ツアーの行程を見て最初は何にも思わなかったけれど、考えてみればここは鹿児島。地元奈良からならそんなに遠くない行程ですが、鹿児島から島根に行き、三重へ移動、そして帰ってくるって…。2泊三日ですが、すんごい距離です。行きは新幹線で広島まで行き、帰りは伊丹空港から飛行機で鹿児島に戻ってきました。その間バスでの移動です。広島から島根、鳥取、岡山を通り兵庫、その後大阪、京都、滋賀を通過し三重に。バスでの総移動距離は約1300キロ。その後バスのガイドさんと運転手さんは岡山の方なので伊丹から岡山まで戻って行かれましたけどネ。

 鹿児島から地元奈良へ陸路で帰るとき思うんですが、今回の旅でも思いました。やはりトンネルが多いなぁ…と。外の景色を眺める時間ってあまりないくらい。特に鹿児島から熊本あたり、そして中国地方。それは新幹線だけでなく自動車でも感じたことです。そりゃ開通するのに時間かかりますね。私はあまり関西から東側に行ったことがないので知りませんが、東側もやはりトンネルが多いんですかね?日本は火山列島ですから、山も多いですしね。最短距離をと考えると山を抜けるのが一番早いですもんね。
でね、あんまりにも何度も何度も暗くなったり開けたりなんで、ふと思ったんです。
「あら、私も今、そんな感じ。人生にそっくりね。」って。

 c0185858_15151552.jpg私は実に小心者です。プラス思考ですけどネ。なので、あれやこれやと考えてしまいます。その結果がいい方へと向かうこともあれば、そうでないときも。なので、トンネルに入ることも多々あります。誰かのささやかな行動や言動で、そのトンネルを抜けることもあるし、自分で開通するときもあります。もっと自分に自信を持てるとまた違ってくるのかもしれませんが、なかなかそうもいきませんね。ついつい「何がいけないんだ、どうしてなんだろう?」と立ち止まってしまいます。それは今に始まったことではありません。ずいぶんと昔からですので、好転するにはそれ以上の時間がかかりそうです。けれど、いつか必ずトンネルは開けるっということも知っています。しかもいきなり開けることが多い。だから、もがきながらも前に進むこと、自分が出来ることを精一杯するしかない、と言うこともいつの間にか見つけた解決方法でもあります。なるべくならトンネル、入りたくないんですけどネ。薄暗いとかお化けとか怖いの苦手だし…。

今日の写真はその社員旅行で行った伊勢志摩の朝焼け。夕焼けはよく見るけれど、朝焼けはひさしぶりでした。お次は、日本海。バスの中だからよかったけれど、外はそりゃもう寒そうでした。最後は、同じく日本海だけれど、見てください!!ん?見にくい?海に虹が懸ってます!! 写真じゃなかなか分かりにくいですね…。
私、間が悪いというか、変な運を持っているというのをお話したことがあります。今回は鳥取砂丘。もうね地元の人も誰も寄り付かないほど大嵐でした。それでも行程だからと一応行きましたが、ツアーの人はほとんどお土産屋さんに避難。怖いもの見たさで後輩と砂丘へと向かいましたが、砂を含んだ雨風が痛くて砂丘を見ることができませんでした…。

これからの季節、そうですね春先まで、今の仕事はとても忙しくなります。すでに、今も大変な状況ではあります。だからこうして便りを書くことも難しくなります。でも、私にとって便りを書くことは一つのストレス発散にもなっていますので(笑) ほとんど書くことが出来なくても、なにかしら形を変えながら更新できたらいいな、と思っています。ほんとは今回の社員旅行や直太朗さんのコンサートのことも、友人たちとの忘年会も、そうそう11月の末に行ったmifuriさんと三姉妹ちゃんの踊りのお稽古のこともたくさんたくさんあったけれど、それはまたいつかのお話で。
 今年も本当にたくさんの嬉しいこと、悲しいこと、悔しいこと、喜ばしいことがありました。そんな私の便りにお付き合い下さり、ありがとうございました。どうぞ、来年もかなりの不定期ですが、足を運んでいただけたら幸いです。
それではよいお年をお迎えくださいネ。


                ところで、あなたは…。

                     ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2013-12-23 15:32 | いろいろ便り | Comments(0)