冬ですね…寒い!!

キミの笑顔が 
心の中で 輝いていた
c0185858_14543048.jpg
もう どのくらい
あの場所へ 
帰っていないだろう

対岸の 水面の光は 
優しく 揺らめき
姿の見えない鳥が 
ひゅーいと啼いてる

キミは 元気だろうか

僕は すっかりこの街の
住人の顔をしているけれど
ホントのところは
自信がありません

待っていて くれますか
あの場所で
必ず 会いにゆくから
そしたら また
笑って くれますか。






 めっきり冬らしく、というかそれ以上の寒さに見舞われていますが、皆さんはお体、大事ないでしょうか?
 11月の最後の連休は、鹿児島中央駅で行われたJR九州プレゼンツのイベントへ行ってまいりました。久しぶりのアミュ広場は、リュニューアルオープンしてからは初めてで、相変わらずの賑わいを見せていました。

「ふるさと」とは「魂が帰りたがる場所」そう話された方がいらっしゃいます。
だから、たとえ生まれた場所でなくても「ふるさと」になるのだ、と。

 最近、心に余裕が出来たのか、いろいろと考えることが多いのです。そのほとんどが、考えてもどうしようもないことだと分かっているのに、ぐるぐると考えてしまいます。そんなときでした。アミュ広場で久しぶりに聴いた中孝介さんの「家路」が、とても心に響いて広がって、鼻の奥がツーンと痛くなったのでした。

 無理をしているつもりはありません。けれど、どこか知らず知らずに踏ん張って立っているのも事実。それはきっと皆さんもそうなのだと思います。きっと生きてるってことは、そういった側面も持っているから。
 ここでの暮らしも4年の歳月が流れ、いつの間にか私にもたくさんの私だけの繋がりが出来ました。もとより人見知りはしないけれど、かといって人づきあいがとっても得意、という訳でもない私。どちらかと言えば、お家大好きですから。なので我ながら、家族の知らない私の世界や時間を持ち、ここで生きていることに誇らしいような、驚きもありつつ、寂しさも少し同居しているそんな感じがします。

 年末年始は少し短いけれど、奈良に帰ることにしました。どうもこの頃伝えたいことが、一向にまとまりません。実はこの便りも「明日こそ」を繰り返し、もう何日も手直しの状態。きっといろいろあって、たくさん考えて、見つかっているようで見つからない答えに少し、疲れているようです。そろそろ心のリセット、故郷でしたほうがよさそうですネ。
「ふるさと」には、リセットしてくれる、そんな力もあると私は信じています。


             ところで、あなたは…。

                  ~ゴン~
by kawagonta_y | 2014-12-07 15:04 | いろいろ便り | Comments(0)