お祈りを。

眠る前に ひとつだけ

明日の あなたの咲顔と
どうか
優しい気持ちで
朝を 迎えられますように。







今日は、どんな一日でしたか?
今日は、どんなふうに過ごしましたか?

先日、久しぶりに「鶴瓶の家族に乾杯」を見ました。
舞台は宮城県。ある被災地を訪問されていました。
鶴瓶さんたちが出逢われた地元の方々は、驚くくらい穏やかで、どんなにいろんなものを背負っても、前に進まなきゃ、そう仰っていました。
あるご夫婦がこんなことを仰っていました。4年経った今でも、夢で津波を見てうなされると。
私たちが思っている以上に、夢は正直です。どんなに明るくて乗り越えたように思っていても、心の奥のものを夢は映し出しているのですね。
毎日の朝を、優しい気持ちで目覚められたら、きっと次の扉に進めるのかもしれませんネ。

イザナギとイザナミが黄泉平坂で言い合ったように、あの日たくさんの方が亡くなられたけれど、たくさんの命も誕生しました。
どうか、「3・11」が悲しい日ではなく「鎮魂と希望の日」となりますように。
 全ての被災地で亡くなられた方々のご冥福を、お祈りいたします。

            

         ~ゴン~
[PR]
by kawagonta_y | 2015-03-11 23:50 | いろいろ便り | Comments(0)