暦の上ではもう「残暑」らしい…。


朝霧の中
c0185858_16123533.jpg湖面に映る その姿が
美しかった

どんな言葉で語っても
きっとそれは
私の想いには
到底 及ばないのだろう

そう それは
あなたに伝えたかった
ほんとうの 気持ちのように。





 台風がようやく去って行ったと思ったら、例年以上の暑さがやってきました。鹿児島は地元奈良よりも湿度が低く、夏は暑いけど意外に過ごしやすいのです。けれど、今年はいまのところ、張り合えそうなくらい蒸し暑い…。このままだと夏バテ突入の予感。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 実は私は、しゃべるのがあまり得意ではありません。そんなことを言えば、私をよく知る人は驚かれるかもしれませんね。今も接客業をしている私にとって、初対面の方と話をすることは別段、苦ではありません。特に人見知りをする方ではないし、人前で話をすることもそんなに嫌ではありません。でも、苦手なのです。それは、自分の想いを考えながら話をする会話が、です。仕事は、だいたい話すことが決まっていますし、スピーチにしても突然頼まれない限りある程度、自分の中で内容を考えることができます。けど、会話はそうはいきません。初対面の方や普通の日常会話程度なら問題ありませんが、深く話をするときは想いがまとまらなくて、何を伝えたかったのか、さらには元々何の話をしたかったのか、自分でも分からなくなるのです。そして後で、自己反省からの自己嫌悪。
 私は単純で、分かりやすいモノでしか理解できない人間です。だから芸術だってそう。前衛的なモノや感性を強く意識したものは残念ながら、あまり感受することができません。だから、言葉も分かりやすいものでしか、伝えることができないのです。それは自分が理解できないから。自分の気持ちすら理解するのに時間がかかるので、それを咀嚼して消化してから話そうとすると、会話にならないし、会話をしようとすると、迷路に入り着地点を見失うのです。しかも関西人ならではのオチも付けたくなる。で、実のところ、話すのが苦手なのです。

 台風5号が鹿児島市内に近づいた朝、台風の所在と進路が気になってテレビを点けました。時間はもう8時をとっくに過ぎていました。テレビからは広島の原爆記念式典の様子。先ほどもお話しましたように、私、難しい言葉をすぐには理解できません。どんなに素晴らしい言葉であっても、小難しい言葉で語られた言葉は、なぜあんなに心に留まりにくいのでしょうか。見栄えや形がよくても、どれだけの人に本当の想いが伝わったのでしょうか。私は多くを見ることも無く、テレビを消してしまいました。

 会話は、地球上のさまざまな動植物がします。簡単そうだけれど、でも実はとても難しいと思います。上手く伝えられない事、上手く伝わらない事なんてよくあることですから。
 「話さないでも分かってほしい」そんな風に思うことがあります。けれど。そんなことが誰でもできれば、会話すること自体、消滅してしまうかもしれませんね。昔の上司によく言われました。「思っていても、行動や言葉にしないと思っていないのと同じ」と。苦手でも、それでも誰かと会話し、繋がっていたいと思うのは、自分の事も相手のことも理解してほしいし、理解したいと思うから、なのかもしれませんね。
 「苦手」と言いつつも、やっぱりコミュニケーションをとることは好き、という矛盾だらけの私。そんな私に、いつも付き合ってくれている友人たちに感謝ですね。


          ところで、あなたは…。
             ~ゴン~







[PR]
by kawagonta_y | 2017-08-12 16:51 | いろいろ便り | Comments(0)