人気ブログランキング |

明日は小正月だったような…。

ささいな言葉で
c0185858_15312130.jpgこころは ふらふらしてしまう

ささいなことで
こころは よろよろしてしまう

よくよく考えてみれば
どおってことないことだけど

よくよく考えすぎても
どっぷり大きな穴の中

どのみち 迷路に入るなら
さらり さらりと
言葉をながし

ゆらり ゆらりと
生きて ゆきましょか。







 あけまして おめでとうございます。どうぞ今年も宜しくお願いいたします。
というには、もう随分と日にちが経ってしまいましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 さて、某占い師さんが言うには今年の私は「大殺界」なるものらしいです。できれば、人生に関わる大きなこと、引越しとか転職とか結婚とかそんなことはしない方がいいらしい。いつもの自分では上手くいかないことばかりですので、気を付けるように、とのこと。
 困りましたね、避けられない転職という大きなことが待っているのに。けれど、こればっかりはどうしようも出来ない事ですからね、先延ばしには出来ないし。自分としては物欲はあまりないと思っていますが、欲張りではあります。それに頑固だし。ですので、我慢と経験を積む年だというアドバイスと受け止めています。

 こんな話をしたことがあったでしょうか?私は女性あるあるで占いが好きです。ですが、血液型や星座、誕生日占いはあまり信じていません。なぜなら、私と同じ誕生日の同級生を3人知っているからです。彼女たちが私と同じ性格で同じような人生を歩んでいるとは思えないのです。だったらまだ姓名判断とか手相のほうが、より私のことを占ってくれていそうでしょ。
 そういえば昔占ってもらった手相では、28歳前後で結婚すると言われましたが実際は…。人生は、何があるかわかりませんね。けれど、言えるのはその当時の私が真剣に「結婚」を求めていなかったという事。自分の事で精いっぱいでしたからね。きっと占いというものは、「きっかけ」や「アドバイス」のようなものかもしれません。それに対してアンテナを張っていれば気づくかもしれないけれど、張っていなければ良いことは通り過ぎてしまうだろうし、よくない事には正面からぶつかってしまうかもしれない。なので「当たるも八卦、当たらぬも八卦」なのでしょうね。

 未来を考えては、いろいろと思いを巡らせて「今出来ることをしよう」とあの手この手でバタバタと悪あがきをしている毎日です。けれどいつかきっと、それがどういう結果でも、良かったと思える日が来ると信じているのも確かなのです。さて、どんな場所でどんな人と出逢い、どんなことが起こるのでしょうね。ワクワク3割、不安が7割ですけどね…。
 ところで、すでにおみくじを3回もひいてしまった私。総合的には「精進すれば報われる」という内容でしたが、その他もろもろの「出逢い」や「仕事」はさまざまです。はてさてどうしたものだか…。


            ところで、あなたは…。
              ~ゴン~






by kawagonta_y | 2018-01-14 15:40 | いろいろ便り | Comments(0)